Translate

2020/08/25

あのクランクベイトが効く!(野池編)

1日の釣行で2記事

今回は釣行記事ですが、1日の釣行を2記事に分けてみようと思います。
2記事にする理由としては、写真が多いのと、野池と河川で釣果があったからです。
今回は1記事目という事で『あのクランクベイトが効く!(野池編)』をお送りします。
釣行前日、久しぶりに雨が降りました。
雨のおかげか釣行当日の朝は比較的涼しかったです。
それでは今回使用したタックルをご紹介します。
今回のタックルは1セットのみ。
  • ロッド:ワールドシャウラ1652R-3
  • リール:アンタレスDC HG
  • ライン:GT-R HM 16lb
このタックルで色々やろうと考えていました。

いつもの野池へ

今回もいつもと同様の野池にやってきました。
とりあえずウェイクベイトを引いて様子を見ます。
しかし、バスの反応はありません。
すかさずワームに変更。
あっさり釣れました。
ルアーはジャッカルの『DBユーマフリー4.5インチ』のフリーリグです。
今度は日陰に入り、こんな場所に目をつけました。
結構がちゃがちゃしてますが、がちゃがちゃしてる先に『DBユーマフリー4.5インチ』を落とします。
これもあっさりです。
やはり『DBユーマフリー』は釣れます。

トップウォーターはダメなのか?

ウェイクベイトで釣りを開始して反応が無かったのですが、トップに出ないとは思えない。
やはりトップでも釣りたいと思い、ペンシルベイトに変更。
小さいけどやはり出た!
ルアーはDUOの『レアリスペンシル100』。
ウェイクベイトの動きより、ペンシルベイトの動きの方が合っているようです。
更に。
うん!
やはりペンシルベイトだ!

考えていた事を実行!

実はここ最近考えていた事があります。
以前のブログ記事『釣りガールちぃと楽しむ真夏の野池』で、釣りガールちぃがクランクベイトを使って釣っていたので、イシーもクランクベイトで釣りたいなと。
という事で考えていた事を実行に移します。
釣るまでに少し時間が掛かりましたが、子バスが釣れました。
ルアーはシマノ、バンタムの『マクベス』です。
今回と次回の釣行記事でこの『マクベス』が大活躍してくれます。
そして、『マクベス』での2匹目。
これで分かった!
ストレートリトリーブより、ストップ&ゴーの方が良い!
ルアーが着水後リトリーブを開始。
バスがルアーを追っても口を使わないようならルアーを止めて浮かせます。
ただ、浮かせる時間はほんのわずか。
その浮かせてる間で、バスがルアーを見てある程度上向きになります。
その状態から再び巻き始めるとバスがバイトします。
ちなみに他のクランクベイトも試しましたが上手く行きませんでした。
やはり浮力が強い『マクベス』が良いみたいです。

野池最後のバスは

そして、野池での最後のバスが。
釣れました!
ルアーはDUOの『レアリスペンシル100』です。
って『マクベス』じゃないのかよ!?って話ですよね?(笑)
まあまあ、今回は『あのクランクベイトが効く!(野池編)』です。
次回の『あのクランクベイトが効く!(河川編)』で『マクベス』が良い魚を引っ張り出してくれます。
是非次回の釣行記事もご覧下さい!

Sponsored Link

イシー使用タックル

ヒットルアー

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

人気の投稿(過去30日間)