Translate

2020/08/28

釣れちゃうので真似しないで下さい!

暑いけど釣りに行く!

今回は釣行記事です。
暑い日が続いていますが、それでもイシーは釣りに行きます。
釣りを開始した時点では気温28度ですが、最高気温32度位まで上がって結構厳しい暑さです。
それでは今回使用したタックルをご紹介します。
今回のタックルは1セットのみ。
  • ロッド:ワールドシャウラ1652R-3
  • リール:アンタレスDC HG
  • ライン:GT-R HM 16lb
最近お決まりのタックルセッティングですね。

いつもの野池へ

今回もいつもと同様の野池にやってきました。
最近普通に釣れるので、今回も楽勝だろうと思っていました。
が、しかし。
クランクベイトから始まり、トップウォーターも探りましたがバスの反応はありません。
あれ?
今回はジャークベイトもルアーBOXに入れておいたので試してみます。
カバー付近からオープンウォーターに引いてくると、カバーから勢い良くバスが飛び出してきました。
来ました!
ルアーはDUOの『レアリスジャークベイト120F』です。
とりあえず一匹釣れたので、ほっとしました。
が、気温もホット。(笑)
暑過ぎです…。

二匹目までが遠い

その後もジャークベイトを引き続けます。
あるあるなんですが、ジャークベイトを木の枝に引っ掛けてしまいました…。
引っ掛かったジャークベイトは無事に救出。
そして、こんなルアーもついでにゲット。
バイブレーションプラグですが、なんか安そうな感じです。
それはさておき、肝心の釣りですよ。
ジャークベイトを引き倒し、最近のフェイバリットであるワームも試しますが、全くバスからの反応はありません。
今日は一体どうしちゃったの…?
午後1時半頃でしょうか。
暑さと、あまりの釣れなさに耐えかねてコンビニでフラッペタイム。
そして、釣具屋さんへ寄り道。
釣具屋さんでは何も買いませんでしたが。

ようやく二匹目

そして、午後3時過ぎに別の野池に行ってみる事にしました。
しかし、その野池は不発。
結局また、最初の野池に戻る事にしました。
釣れないのでルアーをひたすらローテーション。
結局、シェードになっている所でジャークベイトをジャークしていると。
やっと二匹目が来た〜。
一匹目と同じく『レアリスジャークベイト120F』です。
既に時間は午後5時前。
本当に今回は厳しいです。
そして、同じ場所でジャークベイトを引いていると、シェードからバスが飛び出してきてルアーをガブリ。
抜き上げた瞬間フックが外れてさようなら…。
あぁ…。
悲しい…。

あるパターンがどハマり

既に迎えた夕マズメ。
色々なルアーを試しました。
ジャークベイトやクランクベイト、バズベイトやウェイクベイト、ペンシルベイトも。
大抵いつもならペンシルベイトに出てくれるのですが、この日は全くです…。
時刻は6時半になろうというところ。
ふとある事を思いつき、実行してみる事にしました。
すると。
キター!
ルアーはシマノ、バンタムの『マクベス』。
ただ、普通に使用したわけではありません。
ルアー着水後ほんの少し待って、『マクベス』が潜らない程度にゆっくり巻きます。
そうすると『マクベス』がサーフェスクランクになります。
その使い方をしただけでバスの反応が劇的に変わりました。
『マクベス』での二匹目もあっさり。
これはヤバイ!
面白い様に釣れます!
バズベイトやウェイクベイト、ペンシルベイトを引き倒しても反応が無かったのに、『マクベス』をサーフェス使いし始めた途端これです。
もうこうなると楽しくなっちゃいます。
小ちゃーい。(笑)
暗くて写真が見づらいですね。
『マクベス』をサーフェス使いしたらこの釣果でした。
しかもバスの出方がガボッ!みたいなのばかりで面白すぎる。
トリプルフックを二本装備しているので大抵フッキングしてくれますし。

ワンポイントアドバイス

最後に『マクベス』をサーフェス使いする時のワンポイントアドバイスです。
大体リールのハンドルを2秒間に1回転位のスピードで水面をヘコヘコと引いてきます。
遠くにルアーがある場合はロッドを立ててあげると『マクベス』が潜らず水面を引きやすいです。
この裏技的使い方は本当に釣れちゃうので真似しないで下さいね!(笑)

Sponsored Link

イシー使用タックル

ヒットルアー

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿(過去30日間)