Translate

2020/08/09

爆釣ワームDBユーマフリーの手引き(フリーリグ解説有り)

爆釣ワームのDBユーマフリー

最近イシーの釣りでたびたび登場するワーム、ジャッカルの『DBユーマフリー』。
バス釣りYouTuber秦拓馬氏の動画を観て「このワームは凄い!」と確信し、すぐさま購入しました。
実際に使用したところ本当に凄かった。
このワームを使用する事によって容易にバスが釣れる様になりました。
そんな『DBユーマフリー』なのですが、今回のブログ記事では『DBユーマフリー』を使用した事が無いという方向けに手引きとして『DBユーマフリー』がどの様なワームなのか、どの様に使用したら良いか等をお伝えしていこうと思います。

DBユーマフリーはこんなワーム

ジャッカルの『DBユーマフリー』とはこんなワームです。
ボディの左右に2対のシザーアームがセットされており、テールは縦扁平のリーチテールとなっています。
3.8インチと4.5インチの2種類があり、サイズごとに使いやすい様3.8インチと4.5インチでボディの硬度を変える工夫がされているのも特徴的です。
以前『DBユーマフリー』に関して『このワームは釣れるでしょ!』というブログ記事でご紹介しています。
※写真はDBユーマフリー4.5インチです。

DBユーマフリー サイズの使い分け

先程『DBユーマフリー』には2サイズあるとお伝えしました。
3.8インチと4.5インチになります。
サイズの使い分けですが、バスのアベレージサイズが比較的小さなフィールドでは3.8インチ、バスのアベレージサイズが比較的大きなフィールドでは4.5インチを使用するのが基本です。
ですが、バスのアベレージサイズが小さなフィールドで4.5インチを使用しても釣る事は可能です。
その他に、フィールドが狭い所では3.8インチ、フィールドが広い所では4.5インチ。
スピニングタックルで使用する時は3.8インチ、ベイトタックルで使用するときは4.5インチという使い分けもあります。
勿論スピニングタックルで4.5インチを使用するのもありです。
また、スピニングタックルではPEラインを使用しても良いでしょう。
PEラインを使用した場合、より遠投が可能になります。

DBユーマフリーに使用するフック

イシーは『DBユーマフリー』を使用する時は必ずオフセットフックを使用します。
オフセットフックを使う事でオープンウォーターだけでなく、障害物に絡めた釣りも可能です。
『DBユーマフリー』はオフセットフックを使用した際、フックポイントが隠れる様にセット出来ます。
フックポイントをわざわざワームの中に挿して隠さずとも、フックポイントが隠れる様に溝があるんです。
使用するフックの大きさは、3.8インチの場合は#1〜#1/0。
4.5インチの場合は#2/0〜#3/0。
フッキング率を上げたい場合はより大きめなフックを使用すると良いでしょう。

DBユーマフリー リグの使い分け

『DBユーマフリー』は様々なリグに対応しますが、イシーは基本的に2種類のリグで使用します。
まず1つ目がノーシンカーリグです。
ノーシンカーリグで使う場合は水面直下をただ巻き。
それと、キャストした後にフリーでボトムまで落とすという使い方です。
水面付近にバスが浮いていたり、バスが表層を意識している様な場合は水面直下をただ巻き。
バスが見えていない時や、バスが中層〜ボトムにいる場合はキャスト後フリーでボトムまで落とします。
『DBユーマフリー』は高比重なワームなので、ノーシンカーリグの場合ゆっくりとフォールさせる事が出来ます。
ノーシンカーリグで使う場合のタックルはスピニングタックルをお勧めします。

そして、2つ目の使い方がフリーリグです。
フリーリグで使う場合は表層〜中層〜ボトムまでバスにアピールする事が可能です。
キャストした後にフリーでボトムまで落とし、バスのバイトが無ければリフト&フォールを繰り返します。
基本的にはリフト&フォールの繰り返しですが、状況によってはボトムでズル引きやシェイクを入れるのも手です。
フリーリグで使う場合のタックルはスピニングタックル、ベイトタックルどちらでも可能です。
シンカーのウエイトによって使い分ければ良いでしょう。

DBユーマフリー保存方法

『DBユーマフリー』をパッケージから開けるとブリスターパックに入っています。
ワームを使用した後、ルアーBOX等に入れっぱなしにしてしまうとワームにクセが付いてしまう為、必ずブリスターパックに戻して保管しておく様にしましょう。
結構デリケートなワームなので、クセが付いてしまうとアクションに大きく影響します。

フリーリグが凄い!

イシーは『DBユーマフリー』を購入してから初めてフリーリグをやる様になりました。
最初の内は手探り状態でしたが、フリーリグの凄さを知ってしまったので今ではフリーリグの虜です。
使用するシンカーはジャッカルの『タングステンカスタムシンカー スティックダウンショット ラウンドアイ』です。
3.5g(1/8oz)、5g(3/16oz)、7g(1/4oz)、10.5g(3/8oz)、14g(1/2oz)とバリエーションが豊富なので、状況によってウエイトを変えています。
では、フリーリグの何が良いの?って所なんですが。
ワームを撃ち物として扱うならテキサスリグが一般的だと思いますが、テキサスリグはシンカーを固定する事が殆どかと思います。
対照的にフリーリグはシンカーを固定しない為、ライン上をシンカーが自由に移動します。
上記写真の様にフリーリグは着水後、シンカーが先にボトムへ着底します。
シンカーが着底してから、ワームがボトムに着底する間は完全にワームがフリーの状態です。
そのフリーな時間をつくれるのがフリーリグの利点の一つです。
ワームがもっている自発的なアクションをしっかり出せるのが最大のメリットなんです。
簡単に言うと、シンカーが付いているのにノーシンカーリグの動きが出せると言えばいいでしょうか。
じゃあキャロライナリグやスプリットショットリグでも良いのでは?と思う方もいるかもしれません。
ですが、それは違います。
キャロライナリグやスプリットショットリグはワームから離れた位置にシンカーやガン玉を固定します。
ワームとシンカーやガン玉が離れているとどうしてもキャストしにくいですよね。
フリーリグの場合、キャストする際はワーム側にシンカーが来るのでキャストし易く、着水後はワームからシンカーが離れてワームがよりナチュラルに水中を漂います。
テキサスリグの様なキャストのし易さがあり、キャロライナリグやスプリットショットリグの様なワームアクションを出せるという、正にいいとこ取りなのがフリーリグなんです。

最後に

序盤はジャッカルの『DBユーマフリー』について、終盤はフリーリグについてブログ記事を書きました。
本当に釣れるワーム及び、釣れるリグですので是非皆さんに試していただきたいです。
このブログ記事が少しでも皆さんのお役に立てれば良いなと思っています。
なお、下記釣行記事にて『DBユーマフリー』やフリーリグを使用していますので宜しければご覧下さい。


Sponsored Link

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

人気の投稿(過去30日間)