Translate

2020/08/19

バス用ルアーじゃないけどバスにも使えるルアー(Part.2)

前回の続き

前回のブログ記事『バス用ルアーじゃないけどバスにも使えるルアー(Part.1)』でDUOのソルトウォーター用ルアーを3つご紹介させていただきました。
今回は(Part.2)という事で、バス用のルアーじゃないけどバスにも使えるDUOのトラウト用ルアーを3つご紹介したいと思います。

スピアヘッド リュウキ110S

110mmボディの存在感と強烈なアピールでビッグトラウトを狙い撃つ!リュウキ110S新発売!!
トラウト用ルアー、DUOのスピアヘッド『リュウキ110S』です。


¥1,500

DUOのスピアヘッド『リュウキ110S』はボディーサイズ110mm、ウエイトが21gのシンキングモデルとなります。

スピアヘッド リュウキ110S カラーバリエーション

スピアヘッド『リュウキ110S』のカラーバリエーションは下記になります。
全16色のラインナップです。


スピアヘッド リュウキスピン

トラウトの食性と視覚、そして側線を刺激するブレードスピナー!2018年春、トラウトフィッシングに新しい風が吹く!
シンキング、フローティング、ミディアムディープ、バイブレーションに続くニューフェイス!複雑な流れを形成する上流部では、キャスト、リトリーブ時に岩や石、ボトムへのコンタクトが多くボディへの破損を防ぐべくソリッドボディを採用。テールブレードの回転が煌きと波動で全てのトラウトを魅了する。

¥950

DUOのスピアヘッド『リュウキスピン』はボディーサイズ30mm、ウエイトが3.5gのシンキングモデルと、ウエイト5gのシンキングモデルの2種類があります。

スピアヘッド リュウキスピン カラーバリエーション

スピアヘッド『リュウキスピン』のカラーバリエーションは下記になります。
全17色のラインナップです。

スピアヘッド リュウキバイブ

常に新化し続けるリュウキシリーズに新たな血統、リュウキバイブ45
近年トラウトフィッシングにおいて様々な河川にてポイント開拓やテクニックが確率される中、渓流域での小さなスポットやディープエリアを攻略する上で必要なアイテムとしてバイブレーションの登場です。アップストリームでのリフトアンドフォール、ダウンクロスでボトム付近のスローリトリーブなど幅広く使う事の出来るバイブレーションは、ミノーやスプーンでは攻める事の出来なかったポイントへのアプローチが可能になります。背中部のフィンにより立ち上がりが早く、リトリーブ時に小刻みなバイブレーションは手元に感じますが引き抵抗は軽く抑えているので流れの中でも扱い易いモデルです。

¥1,100

DUOのスピアヘッド『リュウキバイブ』はボディーサイズ45mm、ウエイトが5.3gのシンキングモデルとなります。

スピアヘッド リュウキバイブ カラーバリエーション

スピアヘッド『リュウキバイブ』のカラーバリエーションは下記になります。
全16色のラインナップです。


スピニングタックルとベイトタックルで

あくまでバスフィッシングで使用する場合。
スピアヘッド『リュウキスピン』とスピアヘッド『リュウキバイブ』に関してはスピニングタックルを使用し、スピアヘッド『リュウキ110S』に関してはベイトタックルを使用する事をお勧めします。
イシーはスピアヘッド『リュウキ110S』を特に注視しています。
根掛りの少ないエリアであれば、『リュウキ110S』のフォーリングでバスに口を使わせる事が可能だからです。
更に、素早いリトリーブとアクションでリアクションバイトも狙えます。
ご紹介した3つのルアーはあくまでトラウト用ルアーですが、大いにバスフィッシングに導入して良いと思います。
バスフィッシングの幅が大きく広がりますよ!


Sponsored Link

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿(過去30日間)