Translate

2020/09/17

ディープクランクしませんか?

秋到来!

気温も下がってきて秋本番という感じになってきました。
イシーも秋モードの釣りにシフトしていこうと考えています。
秋といえば、巻き物。
秋といえば、クランクベイト。
秋といえば、ディープラクンクですよ!(笑)
という事で今回は、DUOのディープクランクを2つご紹介致します

レアリスクランクG87 20A

16ldラインのキャスティングで6mレンジをカバー
最高の性能を備えたディープクランクが欲しい。2012年のICSATショーでUSプロスタッフからうけたリクエストをもとに、プロスタッフ西島高志が琵琶湖で徹底的にテストを繰り返し生まれたレアリスクランクG87 20。ドラッキングやラインを細くして単に6mに届かせたのでは無く、あくまでもキャスティングに拘り、ラインに関しても魚礁などのストラクチャーからビックバスを確実にキャッチするために必要となる16ldラインを想定し、6mレンジを確実に攻略できることを追求したディープクランクの新機軸です。


¥1,700

DUOの『レアリスクランクG87 20A』はボディーサイズが87mm、ウエイトが35.5g、フローティングタイプのルアーとなります。

レアリスクランクG87 20A カラーバリエーション

『レアリスクランクG87 20A』のカラーバリエーションは下記になります。
全8色のラインナップです。

レアリスクランクG87 20A フィーチャー

ダイビングパフォーマンス
メインウエイトとなる大型スチールボールの固定位置をボディの外側のリップ部分に設けることで、より前方重心設定となり急角度で素早いダイブを実現。

キャスティングパフォーマンス
11.0mmの大型スチールボールがボディ後方までフルレングスで移動。空気抵抗を抑えたボディ形状と相まって抜群の飛距離を生み出しダイブ性能を後押しします。 ※35.5gのボディ重量の為、ロングキャストにはタックルバランス、キャスト方法が重要となります。

アクションパフォーマンス
徹底したフィールドテストから得られたリップデザインとボディバランスにより、圧倒的なダイブ性能を備えながらもリーリングストレスは使い続けられる程度に調整。移動ウエイトをマグネットで固定し、更に固定ウエイトを加えることでブレの無いアクションレスポンスで狙ったレンジを確実にトレースします。

カバーパフォーマンス
全長64mmのロングリップと高浮力ボディが驚愕のカバー性能を実現。この結果、ハードプラグでは敬遠しがちなスタックし易いポイントを大胆にアプローチすることが可能。6mレンジはもちろんのこと、3?4mレンジの攻略にも極めて有効と言えます。

レアリスクランクG87 15A

4.5mレンジ対応15A 狙ったレンジを線と面で攻略
2016年、レアリスクランクG87に攻略レンジを4.5mに想定した15Aがラインアップ。ボディの内部設計は20Aを引き継ぎ、リップデザインを再設計。 リップの小型化に伴う空気抵抗の軽減により、20Aで高い評価を受けたキャスト性能は更に磨きがかかり、16lbで50mを超えるキャストも可能としました。 着水後は20A同様に急潜行で狙ったレンジまで到達し、広大なプロダクティブゾーンを実現。アクションはややマイルドとなり、引き抵抗も軽減されより扱い易いモデルに仕上がりました。


¥1,700

DUOの『レアリスクランクG87 15A』はボディーサイズが87mm、ウエイトが34g、フローティングタイプのルアーとなります。

レアリスクランクG87 15A カラーバリエーション

『レアリスクランクG87 15A』のカラーバリエーションは下記になります。
全14色のラインナップです。

レアリスクランクG87 15A フィーチャー

ダイビングパフォーマンス
メインウエイトとなる大型スチールボールの固定位置をボディの外側のリップ部分に設けることで、より前方重心設定となり急角度で素早いダイブを実現。

キャスティングパフォーマンス

11.0mmの大型スチールボールがボディ後方までフルレングスで移動。リップが小型化されたことで、20Aの飛距離を超えるキャスト性能を備え、プロダクティブゾーンをより広く取ることが出来ます。

アクションパフォーマンス
素早くボトムに到達させた後、ボトムを意識しスローにポーズを交えながら探るボトムウォークが効果的。もちろん中層のタダ巻でも威力を発揮します。

カバーパフォーマンス
ロングリップと高浮力ボディが驚愕のカバー性能を実現。ハードプラグでは敬遠していたスタックし易い岩礁帯などを大胆に攻めることが可能です。

最後に

いかがでしたでしょうか。
今回ご紹介した2つのルアーは使うシチュエーションが限られると思いますが、ここぞという場面で活躍出来ると思います。
1日、ひたすらディープクランクを巻き倒してみるのもアリかもしれませんよ!
なお、ご紹介した2つのルアーに関しては、発売開始から日数が経過していますので購入出来ないカラーもあります。
その事を踏まえた上でSponsored Linkをご覧下さい。

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿(過去30日間)