Translate

2020/09/08

秋の気配に誘われて

秋の気配に誘われて

9月に入り、秋の気配に誘われて釣りに出掛けました。
秋といえばデカいバスが積極的に餌を求めて動き出します。
出来ればデカいバスが釣りたいな〜と思い釣りを始めます。

まだまだ暑い

釣行当日、イシーとしては結構早起き。
釣り場に到着が8時過ぎじゃ早くもないか。(笑)
釣りを始める時点では気温24度。
日中は気温が上がりまだまだ暑いですが、徐々に秋に近づいている感じです。
それでは今回用意したタックルをご紹介致します。
  • ロッド:ワールドシャウラ1652R-3
  • リール:アンタレスDC HG
  • ライン:GT-R HM 16lb

  • ロッド:ワールドシャウラ1702R-2
  • リール:アンタレスDC MD XG
  • ライン:GT-R HM 20lb
最近はタックル1セットだけを用意して釣りする事が多かったですが、今回は2セット用意しました。

いつもの野池へ

とりあえず様子を見る為にいつもの野池にやってきました。
野池に到着するといきなり40cm後半位のバスを2匹程確認。
最初はペンシルベイトから始めますが反応無し。
クランクベイト、ジャークベイトも反応無し。
いつもならこの辺で子バスが喰ってきてくれるのですが。
何かが違うと思い、スピナーベイトにチェンジ。
スピナーベイトに変えた途端3回程アタりました。
そして、木が覆いかぶさってシェードになっている所にスピナーベイトを通すと。
来た!
30cm程のバスちゃんです。
ルアーはウォーターランドのエンジェルスピナーベイト1/2ozにZOOMのスプリットテールトレーラーを装備したものです。
とりあえず1本釣れたので、この後もルアーローテーションをしつつ釣りを続けます。
しかし、全く反応が無いので別の野池に行く事にしました。

子バスには目もくれず

次にやってきた野池では子バスがシャローに沢山見えます。
ワームを落とせば釣れてしまいそうですが、出来ればデカいバスが釣りたいのでクランクベイトを流します。
すると、40アップのバスが突然バイト!
フッキングしましたが、即バレてしまいました…。
く、悔しい…。
その後も子バスには目もくれず、デカいバスに狙いを定めクランクベイトを流します。
そして、またクランクベイトを喰おうとする大きめのバスが!
しかし、喰う直前でUターン。
ジャークベイトに変更し、またもジャークベイトを喰おうとする大きめのバスが!
またまた、喰う直前でUターン。
中々デカいバスを釣る事が出来ません。
場所を休ませる為にまた別の野池に移動する事にしました。

気合の藪漕ぎ

次にやってきた野池は結構久しぶりです。
やってきたのは良いのですが、水辺までの行く手を阻む草が凄い…。
藪漕ぎをしてなんとか水辺に辿り着き、クランクベイトをサーフェス使いすると。
ぬあぁ!
小さーい!(笑)
ルアーはシマノ、バンタムのマクベスです。
実は40アップのバスをバラしたのもこのマクベスです。
サーフェス使いすると小さいバスもアタックしてきちゃうんですね〜。
そして、必死に藪漕ぎした野池もこの子バス1匹だけ。
場所を休ませておいた野池に戻る事にしました。

子バスでもバスはバス

さっきは子バスに目もくれずでしたが、今度はしっかり釣っていこうと思いワームをセットしました。
良し!w
釣れる釣りをすれば釣れる!
ジャッカルのDBユーマフリー4.5インチのフリーリグです。
その後も。
小さくて可愛い子バスちゃん。
子バスでもバスはバスですから〜。w
場所を休ませておいたこの野池では結局子バスしか釣れず…。
場所を休ませた意味が無いですね。(笑)
そして、また移動です。

力尽きた

今度は河川でスモールマウスバスをドカンッ!と出したいと思いやってきました。
しかし、何を投げても反応無し。
結局夕マズメのおいしい時間を前に力尽きて帰宅する事にしました。

着実に秋は来ている

今回の釣行でデカいバスが動き出しているのは確かに感じる事が出来ました。
ただ、そのバスを如何にして釣るのかがまた難しいのですが。
これからどんどん涼しくなって秋本番となります。
デカいバスが餌を求めて彷徨っていますので積極的に釣り場に向かいましょう。
釣りに行かないと魚を釣ることは出来ませんからね。

Sponsored Link

イシー使用タックル


ヒットルアー

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿(過去30日間)