Translate

2020/10/02

デカバス一発出ました!

秋らしく

今回は釣行記事です。
もうすっかり秋という感じになってきましたね。
朝は冷え込み寒いと感じる位です。
秋と言えばバスが荒食いをするシーズンと言われます。
そんな秋のバスを求めて釣りに出掛けました。

気持ちが良い陽気

釣行当日、午前中にとある用事を済ませた後、釣り場に向かいました。
釣り開始時は気温20度。
晴れ間も広がり気持ちが良いです。
それでは、今回使用したタックルをご紹介致します。
  • ロッド:ワールドシャウラ1702R-2
  • リール:アンタレスDC HG
  • ライン:GT-R HM 20lb

  • ロッド:ワールドシャウラ1704R-2
  • リール:アンタレスDC MD XG
  • ライン:GT-R HM 22lb
今回は巻き物用と撃ち物用に2セット用意しました。

釣れずに転々と

今回もいつも通り行き慣れた野池からスタート。
しかし、バスからの反応は無く、野池を移動。
移動した先で子バスをバラし、更に野池を移動。
野池を転々とし、結局最初に訪れた野池に戻る事にしました。

ラバージグに

最初に訪れた野池に戻ってきた時点で時刻は大体14時半程。
それまで、子バス1匹をバラしただけ。
中々厳しい状況でしたが、40アップのバスを発見し、空中でラバージグを踊らせてみました。
すると、そのバスが完全にラバージグを狙っています。
バスは空中にあるラバージグ目掛けてガバッ!と出ましたが、ラバージグは空中にある為当然フッキングせず。
バスが寄ってきた時点で水中にラバージグを落とせば良かったのですが、完全にやらかしました…。
その後もバスを発見したら同じ要領でバスを誘いますが、ルアーとバスの距離が縮まらず。
別の方法でバスにアプローチする事にしました。

クランクベイトでデカバス

デカいバスは餌を獲ろうと回遊しています。
という事は、回遊ルートで待ち構えていればチャンスはあると考えました。
木が覆い、キャスティングにテクニックが必要ですが、赤丸の所にクランクベイトを落として引いてきます。
数投後。
クランクベイトがいきなりひったくられました。
やっぱり喰った!
しかもデカい!
足場が高い事もあり、ラインを持ってランディング。
おっしゃー!
これは50あるんじゃないか!?
残念ながら50には届かず、口閉じ尾開きで48cmでした。
中々ズッシリしていたので重さも測定。
1720gです。
バレないか心配でしたが、口の中にフロントフックがしっかり2本刺さっていました。
ルアーはDUOのレアリスエイペックスクランク66スクエアード。
新たに購入したクランクベイト炸裂!って感じです。

デカバス1本で満足

いや〜中々シビれました。
確か去年の秋にも同じ要領で釣れた覚えがあります。
何度も釣り場に通うと傾向が見えてきますね。
今回の釣行では1本のバスで終了ですが、大満足です。
やはりデカバスを釣るなら今の時期がチャンスかと思います。
皆さんも価値ある1匹を求めて釣りに出掛けてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

イシー使用タックル


ヒットルアー
  • レアリスエイペックスクランク66スクエアード

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿(過去30日間)