Translate

2020/10/05

もはや反則!?エリアフィッシングの最終手段!

エリアシーズン始まる

10月に入り、本格的なエリアシーズンが始まりました。
夏の間休業していた管理釣り場も続々とオープンしています。
管理釣り場と言えど、相手にするのは魚です。
釣れる時もあれば釣れない時もあります。
釣れない時、あなたならどうしますか?
今回は、イシーがお勧めする釣れない時の最終手段、バスデイのルアーをご紹介致します。

ペレットペレットF

漂わせるだけでOK!”ポチャパク”要注意。
養殖トラウトの主食であるペレットを意識したフォルム「投げたら、あとは漂わせておくだけ」それがこのルアーを活かす最大のメソッドです。キャスト時にフライ気味に投げて「ポチャッ」という着水音を出せればなお良し。”ポチャパク”バイトを誘発します。

■キャスト後は放置するのがコツ
■フライ気味にポチャンとおとせ


ペレットペレットF ¥600

バスデイの『ペレットペレットF』はボディーサイズ20mm、ウエイトが1.2g、フローティングタイプのルアーです。

ペレットペレットF カラーバリエーション

『ペレットペレットF』のカラーバリエーションは下記になります。
『ペレットペレットF』は全17色のラインナップです。

フローティングモデルがお勧め!

ペレットペレットシリーズにはF(フローティングモデル)の他に、SS(スローシンキングモデル)、S(シンキングモデル)もありますが、イシーは断然F(フローティングモデル)をお勧めします。
何故なら、F(フローティングモデル)の方が圧倒的にバイト数が多いからです。
また、F(フローティングモデル)の方が、魚のバイトが見えるのでとてもエキサイトします。
タックルBOXにこのルアーを忍ばせておけば、いざという時にアングラーを助けてくれるかもしれませんよ!

Sponsored Link

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿(過去30日間)