Translate

2020/10/08

更に広がるピーナッツワールド!

前回のブログ記事

前回のブログ記事『ピーナッツ40周年記念カラー登場!』では、ダイワのクランクベイト、ピーナッツの40周年記念カラーをご紹介させていただきました。
ただ、ダイワのピーナッツシリーズはそれだけではありません。
今年、2020年には新たなピーナッツシリーズがラインナップに加わりました。
今回は新たにラインナップに加わった、ワイルドピーナッツとタイニーワイルドピーナッツをご紹介したいと思います。

ワイルドピーナッツ/タイニーワイルドピーナッツ

あなたは、このピーナッツを操れるか?破綻寸前のワイルドアクションピーナッツ。
破綻寸前のスーパーワイドアクションに設定されたピーナッツ。
左右に蛇行し、まっすぐ泳がないが、ボトムノックすると、それはまるで逃げ惑うザリガニ。
やや長めのリップを搭載しており、オカッパリでは使いにくいように見えるかもしれないが、ボトムにゴツゴツ当ててザリガニをイメージして使うことを前提としているため、長めの設定になっている。

ザリガニカラー
全てザリガニカラーでラインナップ。
とにかくボトムに当てて使ってもらいたい、ザリガニをイメージして使ってもらいたいという思いから、このカラーラインナップに。
SR/MR/DRといったレンジ展開もするつもりはなく、とにかくシャローのボトムを叩くのを目的としたロングリップを搭載。

ワイルドピーナッツ ¥900
タイニーワイルドピーナッツ ¥900

ダイワの『ワイルドピーナッツ』はボディーサイズ50mm、ウエイトが9.3g。
ダイワの『タイニーワイルドピーナッツ』はボディーサイズ40mm、ウエイトが5.2g。

ワイルドピーナッツ/タイニーワイルドピーナッツ カラーバリエーション

『ワイルドピーナッツ』と『タイニーワイルドピーナッツ』のカラーバリエーションは下記になります。
全8色のラインナップです。

ワイルドピーナッツ/タイニーワイルドピーナッツ フィーチャー

驚異の貫通力でチャンスを逃さない“SaqSas(サクサス)”
従来のメッキ処理では実現できなかった驚きの貫通力を持つ表面処理テクノロジー。
ハリの表面にフッ素系特殊プレーティング加工を施すことで、刺さり性能は従来の塗装ハリに比べて最大40%(平均約20%)アップ(当社比)。
今まで合わせきれなかった小さなアタリやショートバイトも逃さずキャッチ。
今までのハリと一味も二味も違う「サクッと刺さる」感覚は、一度体感すると忘れがたいものとなるはずだ。
なお、非常によく刺さるハリとなっているため、取り扱い時にはこれまで以上に注意して頂きたい。

最後に

いかがでしたでしょうか。
クランクベイトの真骨頂とも言うべく、ボトムノックでの使用を前提としたピーナッツです。
販売価格もピーナッツシリーズならでは。
比較的安価で購入する事が可能です。
ラインナップが増えて、ピーナッツシリーズだけで色々な事が出来そうですね!

Sponsored Link

0 件のコメント:

コメントを投稿

人気の投稿(過去30日間)