Translate

2020/02/29

DUOからNEWルアー&バイブレーションにNEWカラー登場!

レアリスクランク ミッドローラー

DUOのレアリスグレードA(相羽純一氏プロデュース)から新たにクランクベイトが発売されます。
それがこちらです。
『レアリスクランク ミッドローラー40F』です。
かなり小粒なクランクベイトになります。

レアリスクランク ミッドローラースペック

レアリスクランク ミッドローラーのスペックは下記になります。
大きさが40mmとかなり小さく、ウエイトも5.3gしかありません。
名前の通り、「MID(ミッド)=中層」「Roller(ローラー)=ロール」、つまり中層を引いてこれるローリングアクションのクランクベイトの様です。
40mmという小さいサイズにウエイトも5.3gという事から、スピニングタックル、ベイトタックル両方で使用が可能と記載があります。
って、ベイトタックルで使用する場合はベイトフィネスタックルじゃないと厳しくないか…?
ちょっとツッコミ所有りなクランクベイトが発売になる様です。(笑)

レアリスクランク ミッドローラーカラーバリエーション

レアリスクランク ミッドローラーのカラーバリエーションは下記になります。
カラーバリエーションは豊富な全14色です。
なかなか良いカラーが揃ってます!

レアリスバイブレーション ナイトロに新色登場!

既に販売されているDUOのレアリスバイブレーション ナイトロに新色が加わります。
今回新色が加わるのは『レアリスバイブレーション55 ナイトロ』と『レアリスバイブレーション65 ナイトロ』(ラトル入りタイプ)です。
『レアリスバイブレーション55 ナイトロ』は55mmのボディでウエイトが11.5g。
『レアリスバイブレーション65 ナイトロ』は65mmのボディでウエイトが17.5g。
もしこのバイブレーションを購入するとしたら、『レアリスバイブレーション65 ナイトロ』かな〜。
やはりバイブレーションプラグはかっ飛ばしてナンボみたいな所がありますし〜。
そして、新たに加わるカラーは『レアリスバイブレーション55 ナイトロ』、『レアリスバイブレーション65 ナイトロ』共通です。
全5色が新色になります。
  • Wタイガー
  • ファイヤーチャート
  • LGクラウン
  • LGゴーストギル
  • メタルクロー
この新色のバリエーションかなり良いな〜と思いました。
特にメタルクローとか、ザリガニがいる様なフィールで活躍出来そうです!

DUOって良いよね!

DUOのルアーって良いですよね〜。
何が良いって、値段がお安い!w
お安くても、ルアーとしてしっかりしている!(一部製品は除きます。w)
DUOのルアー特徴の目(アイ)もカッコイイし!
このままルアーBOXをDUOのルアー一色にしても良いかな〜とか思える位。
でも、「一度販売したら終わり!」とかいうのは正直やめてほしい…。
転売ヤーの良い標的になっちゃってますから…。
後はスピナーベイトとかワームに力を入れてほしいかな〜。
DUOさんお願いしますよ〜。(笑)

2020/02/28

ルアーの耐久性は重要

壊れやすいルアー

皆さんが使用しているルアー、耐久性は大丈夫ですか?
ルアーフィッシングにおいてルアーの耐久性って凄く重要です。
下記写真をご覧下さい。
リップレスミノーじゃありませんよ!w
ちゃんとリップがあったのですが、すぐに折れてしまいました…。
しかも2本…。
これはシマノの刀雅というミノーです。
渓流釣りって岩等にルアーが当たる事が多いですよね。
特に、細い川なんかだと。
何度も岩に当ててリップが折れるのならまだしも、たった1度岩に当たっただけでリップが折れてしまうルアーでは話になりません…。
ちなみにエリアフィッシング用の刀雅もあります。
エリアフィッシングでは岩にルアーが当たる事はほぼ無いので、リップは無事です。

壊れにくいルアー

渓流釣りにおいて、ルアーの耐久性はとても重要です。
勿論渓流釣り以外でも。
イシーがボッコボコ岩に当てても壊れなかったルアーが下記になります。
これはバスデイのシュガーミノーです。
塗装の剥がれ方を見てもらえば、相当使い込んでいるのが分かるかと思います。
しかもテールフックのアイなんかこんな状態です。
岩に当て過ぎた結果、アイが潰れています。(笑)
それでもリップが折れる事は無かったです。
まだまだ使えます。
やはりこの位ルアーの耐久性が無いと正直厳しいです…。

泳いで、壊れないルアーが理想

最初にご紹介したシマノの刀雅は本当に残念でした…。
以降、シマノの渓流用ミノーは買わなくなりましたね…。
ルアーはちゃんと泳いでくれる事は勿論ですが、ちょっとやそっとじゃ壊れないってのが理想です!
イシーがお勧め出来る、渓流用ミノーは下記2種です。
バスデイのシュガーミノーは勿論、DUOのSPEARHEAD、RYUKIも信頼性があります。
この2種のルアーは、岩に当てた位ではリップが折れる事はありません。
今回は渓流用ミノーに焦点を当ててブログ記事を書きましたが、あなたが使用しているルアー、耐久性は大丈夫でしょうか?
快適に釣りを続ける為にも壊れないルアーを見つける様にしましょう!

2020/02/27

解禁間近!準備は整った!

遊魚券を購入

2月も残り僅かです。
イシーの住んでいる栃木県では3月1日が渓流釣りの解禁日となります。
という事で遊魚券(年券)を購入してきましたよ!
これで心置きなく釣りが楽しめます!
遊魚券を購入せずに釣りをするのは違反です。
必ず遊魚券を購入してから釣りをする様にしましょう!
あっ!
しっかり住所、氏名、年令の覧を書いておかなきゃ〜!

タックル準備もバッチリ!

今年はバスフィッシングをメインでやりつつ、渓流釣りもやろうという魂胆です。
色々な釣りをやる事で、釣りの経験値も上がりますし。
去年から始めていたタックルの準備も完璧!
ロッドにリール、ルアーにランディングネット。
ルアーも必要な物を補充したし、フックも全て変えたし。
イシーは基本的に渓流釣りではミノーイングがメインです。
というかミノーイングしかやりません!(笑)

NEWタックルの使用が楽しみ!

リールはエリアフィッシングで少し使用しましたが、殆ど新品の様なもんです。
『19ヴァンキッシュ』にラインを巻きました。
ロッドはまだ1度も使用していない新品です!
『NEWカーディフ ネイティブスペシャル』。
早く使用したくてウズウズしちゃいますよ〜!
おそらく解禁日は川に出撃してると思います!
またこのブログ内で、釣りの状況はどうだったのか書いていきますのでお楽しみに〜!

2020/02/26

現在所持しているリールから今後について

妥協は許さない!

イシーがメインでやっている釣りは、やはりバスフィッシングです。
リールは大抵フラッグシップモデルで揃えているんですけど、今後どんなリールを増やそうかと考えるわけです。
今年、2020年も新たなリールが追加されますが、それも考慮した上で色々考えるわけです。
ただ、自分が本当に必要だと思わないリールを購入してもしょうがないので、そこは一切妥協せず!と思っています。
また、以前に『現在所持しているワールドシャウラから今後について(Part.2)』というブログ記事を書いていますが、所持しているロッドについてはそちらの記事をご覧下さい。

現在所持しているリール 

イシーが現在所持しているリールは下記になります。
ベイトリール、スピニングリール合わせて、計8機です。
現在所持しているリールを考慮して、今後どんなリールが必要かを考えます。
写真はあくまでもバスフィッシングをメインとして考えたリールになります。

ベイトリール

まずはベイトリールです。
計6機です。
  • 16アンタレスDC HG ×2
  • 18アンタレスDC MD XG ×3
  • 19アンタレスHG
以前のブログ記事『2020年にイシーが購入する物ほぼ確定!?』という記事を書きました。
ただ、ここに新たなベイトリールが必要か?と考えてみると、正直現在所持しているベイトリールでほぼ全ての事が出来てしまいます。
むしろ、2機程殆ど使用していない状況なんです…。
ここに新たに購入するとなれば『カルカッタコンクエストDC 200HG』ですが、購入したとしてもあまり使用しないかもしれません…。
インプレッション記事を期待していた方には申し訳ありませんが、購入しない可能性が高いので、そこはご了承下さい…。

スピニングリール

お次はスピニングリールです。
計2機です。
  • 18ステラ2500SHG
  • 18ステラC3000XG
バスフィッシングでメインとなるタックルはやはりベイトタックルです。
なので、スピニングリールもこの2機があれば十分事足ります。
元々スピニングリールに関しては購入するつもりが無かったので、このまま現状維持ですね。

2021年にNEWリール発売?

2020年の今年は本当に購入する物が少ないです。
購入するとしたら『カルカッタコンクエストDC 200HG』かな〜?という感じですが、それも不確定です…。
ただ、来年2021年はもしかするとNEWリールを購入するかもしれません。
2021年にアンタレス(DC MD)?の大きいサイズのリールが発売になるという噂も聞いていますから〜。
まだ不確定情報なので、過度に期待せずに待ちましょう!

2020/02/25

釣りガールちぃが50アップを釣り上げる!?

ますつり公園へ

今回は釣りガールちぃへのボーナスステージ。(笑)
福島県の西郷村にあるますつり公園に行ってきました。
やっぱり釣り堀と言えば此処でしょ!
とりあえず、釣りガールちぃに釣ってもらう為だけに来ました。
ここで財布の中をゴソゴソ。
つり竿無料券登場!w
この無料券1枚でつり竿3本借りれるみたいですが、今回は釣りガールちぃに全てを任せます。
「刺身、フライ、塩焼きのフルコースが食べたい!」と、ちぃにお願いしました。

いきなり50アップとのファイト!

沢山池がある中で、刺身とフライに出来る様なサイズがいる池へ。
いるいる〜。w
こんな風に練り餌をくっつけて、後はちぃ任せ〜。(笑)
やはりサイズが大きい魚はある程度警戒心が強いです…。
でも、そんな中。
掛けてます!(笑)
というか魚とのやり取りがちゃんと出来ている!
流石釣り経験者。
魚が寄ってくるまでひたすら耐えてる〜。w
そして。
無事、刺身とフライにするには十分なサイズの50アップを捕獲!
やったね!

後は塩焼きサイズを!

いきなりデカいサイズが釣れたので、後は塩焼きサイズを2匹釣ったら完了です!
という事で小物池に移動。
ここは超イージーモード。
あっさり釣れて、ちぃは自分で針を外していました。
1匹目〜。
2匹目〜。
はい、完了です!w
あっさりミッションクリアでしたね〜。

イシー待望の食事

さあ、待ちに待った?お食事タイムですよ!
イシーは食うだけです!(笑)
キター!
刺身、フライ、塩焼きのフルコース!
ただ、50アップを釣って、この食事ですからねぇ。
合計5,400円なり〜。(笑)
でも釣りガールちぃはかなり楽しかったみたいです!
良かった良かった!

魚に餌付け

人間の食事の後は、魚の食事です。(笑)
ますのエサ、1袋100円です。
このペレットを撒きます。
イトウがいたので、イトウの捕食シーンを動画でどうぞ!
イトウがペレットを食べる姿なんて、そう簡単に見れませんよね。
今回行ってきた『林養魚場 ますつり公園 にじます亭』のWEBページは下記になります。
気になる方は是非チェックしてみて下さい。

2020/02/24

日本では発売されないシマノのベイトリール

US SHIMANOより

今回は2020年に発売されるシマノのベイトリール2機種をご紹介致します。
最初の文章を読んで「ん?」となった方。
その反応が普通です。(笑)
実は今回ご紹介するベイトリール2機種は、日本では発売されません。
しかし、日本で発売されなくとも購入する事は可能です。
今は釣具をインターネット上で購入出来る時代ですから。
イシーは買いませんけどね…。(笑)

CHRONARCH G

まず1機種目は『クロナーク G』です。
日本でも既に発売されているクロナークMGL。
クロナークMGLは海外でも販売されています。
そのクロナークシリーズにソルトウォーターでの釣りにも対応する『クロナーク G』が登場です。
採用されている技術特性は下記になります。
クロナークMGLとの違いはやはりスプールです。
クロナークMGLには当然の事ながらMGL(マグナムライト)スプールが採用されていましたが、『クロナーク G』はS3Dスプールとなっています。
形はクロナークMGLと同一ですが、配色が『クロナーク G』の方が黒が強い印象です。
『クロナーク G』のスペックは下記になります。
150HG、150XG、151HGの計3機種です。
ライトハンドルモデル2機種にレフトハンドルモデル1機種と、ちょっとラインナップが中途半端な感じがしますね…。
ただ、ソルトウォーターでの使用や、『クロナーク G』のカラーリングが好きという方には良いかもしれません。

METANIUM

2機種目は『メタニウム』です。
ここで「あれれ?」となった方。
それは当然ですよね!w
日本でも2020年の今年「メタニウム」が発売されますから。
ただ、前回のブログ記事『19アンタレスと20メタニウムのスプールを交換』を読んで下さっている方なら既にお気づきかと。
ちなみに、採用されている技術特性は下記になります。
これだけではまだ日本版の『メタニウム』と海外版の『メタニウム』の違いは分からないですよね。
海外版『メタニウム』のスペックは下記になります。
ラインナップも日本で発売される『メタニウム』と同一の6機種ですが、ここで決定的に違うのがラインキャパシティです。
日本版『メタニウム』はナイロン糸巻量12lb-100mに対して、海外版『メタニウム』は日本のライン表記にすると、大体ナイロン糸巻量16lb-100mになります。
※日本では16lbが大体4号の太さ、海外では12lbから14lbが4号の太さです。
要するに、海外版『メタニウム』は日本版『メタニウム』よりも深溝のスプールが採用されているという事になります。

最後に

いかがでしたでしょうか?
『クロナーク G』に関しては、単純にカッコイイと思いました。
クロナークMGLもカッコイイと思ってますから。
ただ、日本で発売される『メタニウム』に関しては正直残念でならないんですよね…。
海外版の『メタニウム』(深溝スプール)が日本で発売されるのであれば購入したかもしれませんが、日本版『メタニウム』のラインキャパシティでは正直な所『19アンタレス』があれば十分です…。
もしくは夢屋からメタニウム用深溝スプール(出来れば19アンタレス共用)が出てくれれば良かったのですが…。
う〜ん…。
最近日本で発売されるリールはラインがあまり巻けないリールが多くなってきましたね…。

2020/02/23

19アンタレスと20メタニウムのスプールを交換

お詫びと訂正

このブログ記事は誤りです。
『19アンタレス』と『20メタニウム』のスプールは、軸の長さが違う為互換性が無い事が判明致しました。
期待してこのブログ記事に来て頂いた方、大変申し訳ありません…。

シマノの新製品情報発表から

2020年1月14日にシマノの新製品情報が発表されてから約1ヶ月ちょっとが経過しました。
今年はどんな新製品を購入するかお決まりでしょうか?
もしかしたら「今年は新製品で欲しい物が無い!」という方もいらっしゃるかと思います。
イシーも正直欲しい物があまり無いです…。
という事は、現状ある物の事を考えたりします。
今回は2019年に発売された『アンタレス』についてです。
アンタレスと言えばシマノのフラッグシップリールです。
イシーも所持していますが、キャストフィールがとても気持ち良いリールです。

19アンタレスと20メタニウムの共通点

『19アンタレス』にはご存知の通りMGL(マグナムライト)スプールⅢが搭載されています。
このスプールの採用により、低慣性で気持ちの良い飛び感を実現しています。
そして、今年2020年に発売となる『20メタニウム』も同様にMGL(マグナムライト)スプールⅢが採用されています。
『19アンタレス』と『20メタニウム』、どちらもMGL(マグナムライト)スプールⅢが搭載されていて、その他にも共通点があります。
それはスプールの径と幅です。
『19アンタレス』と『20メタニウム』、どちらのスプール径も34mm。
そして、スプールの幅も19mmと同一なんです。
何が言いたいのかというと、『19アンタレス』と『20メタニウム』のスプールを取り替えて使用する事が出来るという事です。
ですが、『19アンタレス』と『20メタニウム』のスプールを取り替えたとしても、全く無意味です…。
何故なら、どちらのスプールもナイロン糸巻量が12lb-100mだから…。
ただ、スプール交換が無意味にならない方法があります。

夢屋20メタニウムシャロースプール

2020年5月に『20メタニウム』用シャロースプールがシマノの夢屋から発売されます。
それがこちらです。
このスプールはナイロン糸巻量が8lb-100mです。
これを『20メタニウム』に載せる事は勿論可能ですけど、そうではなく『19アンタレス』に載せる事も可能だろうと。
これをする事により、ナイロン糸巻量8lb-100mというラインキャパシティの『19アンタレス』へとなるんです。
ただ、一つ嫌な部分が…。
下記写真をご覧下さい。
夢屋から発売される『20メタニウム』用シャロースプールなので「Metanium」の文字が…。
これ、『19アンタレス』と『20メタニウム』共用のスプールと出来なかったのかシマノさん…。
というか、ここまで書いてなんですが、イシーはシャロースプールには全く興味がありません…。

深溝スプールも存在

ちなみに海外版の『20メタニウム』はナイロン糸巻量16-100mの深溝スプールが採用されている様です。
下記写真が海外版『20メタニウム』になります。
『19アンタレス』も『20メタニウム』もそうですが、イシー的にはこのナイロン糸巻量16lb-100mというスプールを標準で搭載して日本で発売してほしかったかな…。
という事で、『20メタニウム』は勿論。
現状の『19アンタレス』では満足出来ていないという方はスプールを見直すのも有りなのではないでしょうか。
ただ、深溝スプールに交換を考えてらっしゃる方は大分コストが掛かりそうですが…。

人気の投稿(過去30日間)