Translate

2020/03/21

釣りガールちぃにラインの結び方を教えました

ラインの結び方を教える

最近このブログ内に登場していなかった釣りガールちぃですが、今回久しぶりの登場です。
イシーも中々釣りに行く機会が無く、釣りガールちぃに釣りをさせる事が出来なかったんです…。
今回は釣りが出来なくてもやれる事をと思い、ラインの結び方を教えようと思いつきました。
用意した物は、某釣具店の激安ラインDream Catch2号と、100均ルアーです。
100均ルアーはフック、アイについているスプリットリングを外してスナップを取り付けてます。
ルアーには『ちぃ』と書きこんでみました。(笑)

ダブルクリンチノットを学ぶ

まず釣りガールちぃに覚えてもらうラインの結び方はダブルクリンチノットです。
ルアーに付いているスナップにラインが結べる様に。
最初はイシーがお手本を見せます。
その後、こんな感じにイシーが結び方を書いてみました。w
汚い図ですが…。(笑)
そして、釣りガールちぃが実践。
釣りガールちぃは手先が器用なんです。
なので、覚えも早く。
一回で結べました。

ユニノットを学ぶ

ルアーのスナップに結ぶのはダブルクリンチノットですが、覚えておいて損は無いユニノットも教えました。
うん!
ダブルクリンチノットもユニノットもそうですが、最後の締め付けが出来れば完璧です。
結び方自体は全く問題無い感じでした。

イシーの下手な図

一応釣りガールちぃの為に書いたイシーの下手な図をご紹介します。(笑)
こんな感じです。w
まあ、釣りガールちぃは回数を重ねれば自然と覚えるでしょう。
といった、正直どうでもいい投稿になってしまいましたが、釣りガールちぃの近況報告という事で〜。(笑)

2020/03/20

エンジェルスイマーにカタログ未掲載カラー & 使用方法

エンジェルスイマー

今回はウォーターランドから発売されているルアーのご紹介です。
それがこちら。
エンジェルスイマーです。
今現在では10gと15g、そして30gのラインナップがあります。
このエンジェルスイマーに、カタログには掲載されていないカラーがラインナップに加わります。

カタログ未掲載カラー

カタログ未掲載カラーは下記になります。
全7色がカタログ未掲載カラーです。
既存のヘッドに対してラバースカートのカラーを変えたという感じになります。

単体では使用不可?

ちなみにこのエンジェルスイマーなんですが、エンジェルスイマー単体で使用するという事はあまりお勧めしません。
トレーラーを使用する事によってより釣れるルアーになるんです。
トレーラーとしては同じくウォーターランドのスレンダーシャッドがお勧めです。
ただ、今現在ではスレンダーシャッドを手に入れる事が困難です…。
スレンダーシャッド以外であれば、グラブをトレーラーにする事をお勧めします。

イシーも愛用

エンジェルスイマー(スイマーヘッド)は、イシーも愛用しています。
上から、エンジェルスイマー10g、15g、アーマードスイマー20g、エンジェルスイマー30gです。
写真には掲載していませんが、この他にバトルスイマー10gというのも所持しています。

様々な使い方が可能

エンジェルスイマー(スイマーヘッド)は様々な使用方法が可能です。
ルアーが着水して、テンションを掛けながらフォールさせるとゆっくり落ちていき、テンションを掛けずにフォールさせるとスパイラルフォールとなります。
その後、ストレートリトリーブで水中を泳がせるのも良いですし。
早くリトリーブすれば水面をバジングさせる事も可能です。
また、リフト&フォールも効果的。
そして、イシーがエンジェルスイマー(スイマーヘッド)で一番多用する方法がボトム・ウォーキング・ザ・ドッグアクションと呼ばれるものです。
ルアーが着底してからロッドを上にあげてチョンチョンとあおると、ボトムで首振りする様にアクションします。
これが、物凄く効果的な時があるです。

ブレードベイトではない

エンジェルスイマーやアーマードスイマー、バトルスイマー等はこれまでに無かったルアーカテゴリになります。
今現在でもこの様なルアーは無いのではないでしょうか?
良く間違われる方がいるのですが、チャターベイトとは違いますよ。
チャターベイトはどちらかというとストレートリトリーブするのが基本ですが、ウォーターランドのスイマーヘッドはもっと多種多様な事が可能です。
まだ使った事が無いという方は是非一度使ってみる事をお勧めしますよ!

2020/03/19

レアリスクランク カブキにNEWカラー登場!

2種類のレアリスクランク カブキ

またDUOからの情報です。
元ホ○トがプロデュースしたルアー、レアリスクランク カブキです。
このレアリスクランク カブキは2種類あります。
1つ目は『レアリスクランク 50SSR KABUKI』。
2つ目は『レアリスクランク 55SR KABUKI』。
この2種類のクランクベイトに新たなカラーが追加されます。

スペック

まず『レアリスクランク 50SSR KABUKI』のスペックになります。
大きさが50mm、ウエイトが8.5gです。
シャローレンジ、もしくはサーフェイスクランクとして使うので、潜るレンジはかなり浅いです。
お次は『レアリスクランク 55SR KABUKI』のスペックになります。
大きさが55mm、ウエイトが10gです。
『レアリスクランク 50SSR KABUKI』より『レアリスクランク 55SR KABUKI』の方がより潜るレンジが深いです。

カラーは共通

『レアリスクランク 50SSR KABUKI』のカラーラインナップです。
新たに4色が追加になります。
次に『レアリスクランク 55SR KABUKI』のカラーラインナップです。
こちらも新たに4色が追加になります。
見ていただくと分かる通り、カラーラインナップは『レアリスクランク 50SSR KABUKI』、『レアリスクランク 55SR KABUKI』共通になります。

正直な意見

このレアリスクランク カブキシリーズなんですが、クランクベイトとしては正直小さくて軽すぎです…。
イシー的にはある程度の大きさとウエイトがあってミディアムクラスのロッドで快適に扱える様なクランクベイトが理想です。
おそらくこのレアリスクランク カブキシリーズだと、ミディアムライトクラスでないと扱いづらいと思います…。
クランクベイトに求める事は如何にカバーを回避できるかという所。
ロッドもそれなりにパワーが無いとカバーに投げ込もうとも思えない…。
NEWカラーが発売されますが、まあ買わないでしょうね…。

2020/03/18

レアリスジャークベイト100DRインプレッション

実際に使用したルアー

前回のブログ記事『春に誘われて』という釣行記事はご覧になっていただけましたでしょうか?
その釣行の際にずっと使用していたジャークベイトがあります。
こちらです。
DUOのレアリスジャークベイト100DRになります。
結果的に魚を釣る事は出来なかったのですが、自分が思い描いていた通り、かなり良いルアーでした。
今回はこのレアリスジャークベイト100DRのインプレッション記事とします。

使ってみてかなり良かった!

DUOのレアリスジャークベイト100DRのスペックは下記の様になってます。
100mmというボディーサイズに、15.6gのウエイトがあります。
実際に使用したロッドはワールドシャウラ1652R-3でした。
それがドンピシャという感じで、かなりキャストし易いです。
また、ルアーを操作する際もワールドシャウラ1652R-3が最適かなと。
レアリスジャークベイト100DRはマグネット固定重心移動システムを搭載しています。
これが気持ちの良いキャスタビリティと、ロングビルジャークベイトとしてのアクションを生み出します。
下記写真をご覧下さい。
ルアーのアイ(目)の右下にマグネットがあり、その横に3つのラトルが入っています。
この3つのラトルがキャストする際にルアーのお尻に移動します。
この重心移動により気持ちの良いキャスタビリティを保持しています。
そして、リトリーブを始めると3つのラトルがアイ(目)の右下に戻ってウォブンロールアクションで泳いできます。
リトリーブを止めると下記写真の様な姿勢で止まります。
これがイシーの求めていたロングビルジャークベイトそのものでした。
ジャークをした際の平打ちもかなり軽快です。
なので、釣れずとも集中して釣りを続ける事が出来ました。
使っていて気持ちが良いルアーがこのレアリスジャークベイト100DRです。

浅かろうが深かろうが

クランクベイトもそうなんですが、このロングビルジャークベイトを水深が浅かろうが深かろうが使います。
特にやりたい事としてはボトムノックなんです。
リップをボトムに当てながらリトリーブしてくる使い方を良くやるのですが、サスペンドタイプなのでそれをゆっくりも出来るし、早くも出来る。
クランクベイト程ではありませんが、比較的スナッグレス効果もあります。
という事で、かなり理想的なロングビルジャークベイトだなと。
まだ魚は釣れていませんが、使用していて気持ちが良いルアーなので今後も使い続けるでしょう。
自分の中で上位に入るルアーになりました。

2020/03/17

春に誘われて

久しぶりの釣行

今回は釣行記事です。
久しぶりにバスフィッシングに出掛けました。
前日は寒波で雪も散らついていました。
釣行当日も最高気温8℃。
でも釣りがしたい!という気持ちが強く、一か八かでバスを狙います。
使用したタックルはこちら。
  • ロッド:ワールドシャウラ1652R-3
  • リール:アンタレスDC HG
  • ライン:GT-R HM 16lb
今回はこのタックル1セットのみです。
基本的には巻く釣りをメインに、たまに撃ち物もやろうという魂胆です。

シャロー狙い

今回は野池です。
寒くても動ける個体はシャローに上がってくると信じて釣りを始めます。
巻き物はほぼジャークベイト。
ひたすら投げて、ゆっくりとしたストレートリトリーブや、ジャーク&ポーズと色々なバリエーションで誘っていきます。
ちなみに今回使用したジャークベイトなんですが、使ってみて思った事を別記事で書こうと思ってます。
ひたすらキャストを繰り返していると、鯉がシャローに上がってきました。
という事はバスも上がってくるはず。
案の定バスがシャローに上がってきているのを見かけました。
これはいけるかも!
撃ち物として用意していたフットボールジグも試します。
すると、フットボールジグを撃ち込んですぐにルアーを追いかけるバスが。
いたんですけど、口は使わず…。
3度程バスを見かけたのですが、バイトまでは至らなかったです…。
う〜ん…。
同じ場所でバスを待ち構えるスタイルを長い事やっていましたが、結局野池を移動する事にしました。

春は来ている?

別の野池に移動してみましたが、バスからの反応は全くありません…。
ただ、ひたすらジャークベイトを根気良く投げ続けます。
ふきのとうが生えていました。
こういうのを見るともう春なんじゃないかと思いますが、最高気温8℃ですからね…。
三寒四温を繰り返して本格的に温かくなるんだろうな〜。
春はもう少しだけ先な感じです。

最後に

という事で、今回はボウズ記事です。(笑)
本当に申し訳ない…。
でも、釣れている時だけ記事にしていても駄目かなと思っているんです。
何故なら、『イシーのフィッシング日記』というブログですから。
日記の様に嘘偽りなく記事を書くのがモットーです。w
なので、ボウズでもしっかり記事を書きます!
当たり前ですけど、本当は魚を登場させたいですよ…。
でも釣りですから。
釣れる時もあれば、釣れない時も当然あります。

2020/03/16

大量のルアーストック

釣り具を整理

最近釣りに行けていないイシーです…。
だって仕事が休みの日に限って雨なんですもん…。
という事で?釣り具が散らかっているので整理しました。
すると、ストックしてあるルアーが出るわ出るわ。w
今回はそんなルアーの一部をご紹介したいと思います。
ハッキリ言ってどうでもいい投稿です。(笑)

箱に詰め込みました

一応こんな感じにまとめてみたんですけど、どうですかね?
写真が光って見にくいですね…。
ごめんなさい…。
本当にこれでもほんの一部なんですよ。
整理して思った事は、これだけストックがあるのであれば、本当に欲しいルアーだけを買い足せば良いかな〜と。
それに、あくまでもこれはストックなんです。
ちゃんと一軍や二軍でルアーBOXに入っているルアーがちゃんとあるんです。(笑)

ストックルアーを紹介

それでは箱にまとめたストックルアーをご紹介します。
これはワイヤーベイトのストックです。
やはりウォーターランドのエンジェルスピナーベイトは使用頻度が高いのでストックも多いです。
特に5/8ozの白が。w
これはジャークベイトとスイマーヘッドです。
DUOのレアリスジャークベイト100Fのこのカラー、一時期相当ハマっててストックとして購入したんですね〜。
あぁ〜、これ!
スピナーベイトのトレーラーとして購入したZBC(旧ZOOM)のスプリットテールトレーラーです。
これもまだまだ余っているのでストックになってます。
ウォーターランドのスレンダーシャッド5インチだったか、6インチだったか?
これも相当な数所持してるんですよね〜。
スピナーベイトのトレーラーにしても良いし、ワーム単体で使っても良いしというワームです。
これはウォーターランドのギルレイカーです。
テキサスリグで使う為に大量に購入したのを覚えてます。
数が多すぎて全然使い切れてません。w
極め付けがこれ。w
バスアサシンのシャッドアサシンとスレンダーシャッド7インチ。
スレンダーシャッド7インチはスピナーベイトのトレーラーやスイマーヘッドのトレーラーには欠かせないので、超大量購入してました。(笑)
今でも100本入りで購入出来るはずです。

ストックがあれば安心!

基本的にハードルアーはルアーBOXに収納してあるので、やはりワームのストックが目立ちます。w
でも、本当にこれを見ると当分買わなくても良いな〜と実感出来ます。
ルアーは消耗品ですので、お気に入りのルアーはある程度ストックを持っておくと安心ですからね!
というかこれ、使い切れるのか…?(笑)

2020/03/15

釣りに必携!?スマートフォン&スマートウォッチ

釣りの時に持つ物は?

皆さんが釣りをする時には何を持ちますか?
当然タックル(ロッド、リール、ルアー等)を持ちますよね。
その他に持つ物はありませんか?
おそらく殆どの人が持っているスマートフォン。
今このブログもスマートフォンで見ている方が沢山いらっしゃるかと思います。
イシーはAppleが好きなので当然iPhoneです。
iPhone8なので、そろそろ買い換えたい所ですが。(笑)
それは置いておいて〜。w
スマートフォンを釣りの時に持ちますよね?
釣った魚の写真を収めたい時もあるでしょうし。

更にあると便利な物

スマートフォンを持っているのは当然でしょうけど、皆さんは普段から腕時計をしてますでしょうか?
スマートフォンで時間を確認出来るから腕時計をしない方もいると思います。
もしくは普段から腕時計をしっかり身に付けている方も。
もし、腕時計がスマートフォンと連携している腕時計だったら楽じゃないですか?
イシーの場合はこうです。
iPhone+Apple Watch。
スマートフォンをお持ちなら、スマートウォッチもあると非常に便利なんですよ!
特に釣りをしてる最中は非常に役に立ちます。
時間を確認するのは勿論。
スマートフォンと連携しているからこその機能も多々あります。

スマートウォッチの機能

イシーがApple Watchで多用する機能としてスクリーンショットがあります。
いつもこのブログ内で釣行記事を書く際に貼り付けているスコーピオンの画像です。
実はこのスコーピオンの画像はApple Watchのスクリーンショットだったんです。
この画像であれば、釣行日時、釣りを開始した大体の時間、気温、天気が分かります。
更に便利な機能としては、皆さんが良く使うLINEです。
釣りの最中、誰かからLINEが届いた時すぐにApple Watchで確認する事が出来ます。
返信もApple Watchから可能です。
※一部機能に制限があります。
LINE以外のメッセージをやりとりするアプリも勿論使用可能です。
そして、スマーフォンは電話ですから。
当然Apple Watchで通話する事も可能なんです。
釣りの最中、急に掛かってくる電話でもApple Watchから受ける事が出来ますし。
Apple Watchから電話を掛ける事も出来ます。
釣りはどうしても水辺に立ちますから、スマートフォンを持ったは良いが、落としてしまったら最悪ですよね…。
そういう意味でもスマートウォッチは腕に付いているので安全です。

スマートフォンとスマートウォッチのコンビ

イシーの場合はiPhoneを使用しているのでApple Watchを身に付けています。
androidのスマートフォンを使用している方でもスマートウォッチが連携可能なはずです。
今は様々なメーカーからスマートウォッチが出ていますから。
そこで一つだけ気を付けていただきたいのが、スマートウォッチが防水であるかどうかです。
釣りは水が絡んでくる遊びですし。
釣りの際、防水ではないスマートウォッチを身に付けていたら壊れるのは目に見えています…。
なので、防水のスマートウォッチを選びましょう。
今回は釣りの際に役立つ便利グッズとして、スマートウォッチ(Apple Watch)をご紹介させていただきました。
興味を持った方は購入検討対象に入れてみては如何でしょうか?

人気の投稿(過去30日間)