Translate

2020/03/28

このスイムベイトが気になる

気になるスイムベイト

スイムベイトと言えばジャッカルのダンクルを使用しているイシーです。
そんな中、あるスイムベイトが気になり出しました。
それがこちらです。
オーナーばり、GETNETのブリキンスイマー5.4インチです。
ブリキンスイマーにはダウンサイジングモデルもあります。
ブリキンスイマーJr.4.4インチです。
スイムベイトは色々なメーカーから出ていますが、ブリキンスイマーの動画を観てしまったら気になり出しました。(笑)

スペック

ブリキンスイマーはオカッパリでの使用に特化したスイムベイトです。
ブリキンスイマー5.4インチは大きさが137mmで、ウエイトが32gになります。
ブリキンスイマーJr.4.4インチは大きさが113mmで、ウエイトが23gになります。
ブリキンスイマーもブリキンスイマーJr.もミディアムからミディアムヘビークラスのロッドで使用可能なスイムベイトになっています。
あまりタックルを持ち運べないオカッパリで、かなり重宝しそうです。

カラーラインナップ

ブリキンスイマー5.4インチのカラーラインナップは下記になります。
全9色です。
ブリキンスイマーJr.4.4インチのカラーラインナップは下記になります。
全6色です。

何故スイムベイト?

何故今スイムベイトが気になっているのかと言うと。
やっぱりスイムベイトが活躍する機会って結構多いと思うんです。
しかも、基本は投げて巻くだけですし。
デカいバスも狙えますしね。
更にブリキンスイマーは比較的小型のバスでも食わせられる能力を持っている様です。
ただ、実際に使用したわけではないので本当に良い物なのかどうかが分からないんです…。
もし、ブリキンスイマーを使用した事がある方は、どんな感じなのか教えていただけると幸いです。

2020/03/27

シマノが100周年を迎える!

100TH ANNIVERSARY

今現在は2020年です。
来年2021年はどんな年かご存知でしょうか?
実はイシーも初めて知ったのですが、来年でシマノは100周年を迎えます。
2021年3月で100周年になるようです。
今は100周年記念ティザーサイトが開設され、100周年を迎えるまでのカウントダウンが始まっています。

ティザーサイト

100周年記念ティザーサイトは以下の様になっています。
『MESSAGE』というタブでは、2021年3月にシマノが100周年を迎えるにあたってのメッセージが書かれています。
『INNOVATIONS』というタブでは、シマノの歴史動画を閲覧出来たり、壁紙をダウンロードする事が出来ます。
『GALLERY』というタブでは、綺麗な写真や躍動感のある写真等が公開されています。
また、フォトコンテストに応募する事も可能です。

100TH ANNIVERSARY ステラ!?

今から20年前、2000年を記念してシマノからステラ ミレニアムエディションが発売されたのをご存知でしょうか?
もしかすると、100周年を記念して100th アニバーサリーステラが発売されるのではないかと考えました。
※写真は2000年発売のステラ ミレニアムエディションです。
何故なら、来年2021年は通常のステラ、ヴァンキッシュ、ツインパワーの発売が無いと予想されます。
そうなると、目玉のスピニングリールの発表が無い事になってしまいます。
なので、100th アニバーサリーステラが発表になるのではないかと。
あくまでもイシーの予想ですが。(笑)
シマノ100周年記念ティザーサイト』のURLは下記になります。
https://www.shimano.com/jp/100th/
気になった方は是非ご覧になって下さい。

2020/03/26

レアリスジャークベイト130SPが発売間近!?

西島高志氏のフィールドレポートより

DUOのレアリスプロスタッフ、西島高志氏をご存知でしょうか?
琵琶湖で活躍されている方なのですが、イシーは西島高志氏がプロデュースするルアーが大好きなんです!
そんな西島高志氏が最近使用しているルアーが気になってしょうがない。(笑)
この方が西島高志氏なんですが、使用しているルアーはDUOのレアリスジャークベイトです。
実はこのレアリスジャークベイトはまだ販売されていない物になります。
DUOのWEBページでフィールドレポートを見ると西島高志氏のページを見る事が出来るのですが、なんとこのルアーはレアリスジャークベイト130SPとの事なんです。
イシーはレアリスジャークベイトを大量に所持しています。
レアリスジャークベイト120SPでもカッ飛びルアーなのに、130SPはもっとカッ飛びルアーである事は安易に想像出来ます。

レアリスジャークベイト130SPのスペックを予想

公式にレアリスジャークベイト130SPが発表されたわけではありません。
(写真はレアリスジャークベイト120SPです。)
でも、レアリスジャークベイト好きなイシーにとっては気になって仕方が無い存在です。
という事で、大体こんな所かな〜?というスペックを考えてみました。
上記はレアリスジャークベイト120SPのスペックなんですが、当然レアリスジャークベイト130SPは130mmのボディです。
更にサスペンドタイプのジャークベイト。
おそらくルアーウエイトは20g前後になるのではないかと予想しています。
ウエイトが20g前後あるジャークベイトなんて、「カッ飛ばして下さい!」と言わんばかりのルアーですよね。

素直に羨ましい!

西島高志氏がレアリスジャークベイト130SPでロクマルのバスを釣られてます。
な、な、何て羨ましいんだ〜!w
関東でロクマルのバスなんて早々お目にかかれるもんじゃないです…。
やっぱり琵琶湖のポテンシャルは半端じゃないな〜。
でも、関東にもデカバスがいないわけではないです!
西島高志氏のフィールドレポートを見て、釣りがしたい欲が一気に高まった感じです!
あっ!
レアリスジャークベイト130SPの新たな情報が入りましたら、またこのブログ内でご紹介させていただきます。

2020/03/25

リールが安く購入出来るチャンス!?

ストラディックCI4+

シマノのスピニングリール、クイックレスポンスシリーズで頂点に君臨するヴァンキッシュ。
そのクイックレスポンスシリーズではヴァンキッシュに次ぐスピニングリールがストラディックCI4+です。
2016年に発売されてから今現在(2020年)までモデルチェンジしていません。
2019年にはコアソリッドシリーズのストラディックがモデルチェンジしました。
そろそろストラディックCI4+もモデルチェンジするのではないでしょうか?

価格が急激に落ちる事が

2016年に発売されてから4年間モデルチェンジがされていない為か、リール自体の価格が急激に落ちる事があります。
今現在(2020年3月23日)Amazonでの『ストラディックCI4+2500HGS』の価格は20,430円です。
ちなみに『ストラディックCI4+2500HGS』の定価は31,000円になります。
今現在でも比較的お求め易い価格です。
下記グラフをご覧下さい。
分かりますでしょうか?
大体2020年2月8日位に価格が17,066円まで落ちています。
ノーマルギアの『ストラディックCI4+2500S』も同時期に17,066円まで落ちているんです。
今普通に購入しても比較的安価なのにも関わらず、購入時期を見極めれば、もっと安価にストラディックCI4+が購入出来るというわけです。

どの様なリール?

それでは、ストラディックCI4+がどの様なリールなのかをご紹介致します。
当然クイックレスポンスシリーズですからマグナムライトローターを搭載しています。
従来、ラインローラー側に組み込まれていた「ベールリターン機構」を取り付けカム側に移植。
さらにラインローラーの軽量化、ベールのチタン化、ローターの肉厚を最適配置を駆使して、最大約14%もの慣性低減化に成功しています。
ラインローラー側のローター剛性は、ドラグ性能に寄与する重要な要素ですが、NEWマグナムライトローターは、この剛性にも優れます(従来比最大30%UP)。
ボディにはGフリーボディが採用されています。
ウォームシャフトをドライブギア上部に配置し、手元に重心を近づけました。
軽量自重を体幹レベルでさらに軽く感じさせ、操作性に長けた攻めの釣りが可能になります。
シマノといえば当然HAGANEギアです。
金属の塊を圧縮することで、一気にミクロン単位の精度まで鍛え上げるHAGANEギア。
表面を削らず、内部の金属組織も壊さない精密冷間鍛造技術により、驚異の耐久性と巻きごこちを実現しています。
そして、X-SHIPです。
ドライブギアの大径化、ピニオンギアの最適配置、ピニオンギアのベアリングによる2点サポート。
これらによりギアの噛み合わせを頑強にすることで、軽快なリーリングを保持しつつ、巻き上げる力を最大化する事に成功しています。
防水機構にはコアプロテクトが採用されています。
各部に水を水玉化して弾く特殊撥水処理と、特殊グリスのシーリング処理により、軽さやレスポンスを維持したまま水や異物の侵入をブロック。
またボディの合わせ面をフラット化し、撥水処理を加え、さらにストッパーレバーをなくすことで、ボディ前面、側面、背面からの水の侵入を抑制しています。

チェックを怠らず!

ストラディックCI4+は2020年の今年中にモデルチェンジする可能性も十分考えられます。
(コアソリッドシリーズのストラディックが2019年秋頃発売された為。)
もし、モデルチェンジする様な事があれば、現在の16ストラディックCI4+はセール価格にて販売される事になるでしょう。
Amazonでは不定期で価格が落ちる事もあります。
もし、ストラディックCI4+が欲しいという方は、釣具屋さんやAmazonのチェックを怠らない様にすれば、かなり安価なお値段でリールをゲット出来るかもしれませんよ!

2020/03/24

ジャークソニックにNEWカラー登場!

大人気ルアー

大人気、ウォーターランドのジャークソニックにカタログ未掲載カラーの新色が登場です。
ジャークソニックには55、65、90、110、110フローティングとバリエーション豊富ですが、今回新色が発売されるのは90のシンキングタイプになります。
新たに追加となるカラーは下記になります。
  • #14スーパーレッド
  • #15レッドヘッド
  • #16パールチャート(カラーサンプルがありません。)
  • #17フロリダ
以上、4色が追加になります。

25日前後から注文受付

大人気のジャークソニックがまた販売されるという事もあり、潮来つり具センターのルアーウェブショップでは準備に追われている模様です。
写真一番上に『Rolling Stick』と表記されていますが、誤りです。
また#16のパールチャートに関してはカラーサンプルの写真を撮り忘れたみたいです。
ルアーウェブショップでの販売は2020年3月25日前後を予定。
おそらく、WEBに殺到するでしょうね…。
買いたい方はルアーウェブショップのチェックを怠らず!

バスフィッシングにはこれ!

イシーはジャークソニックを所持していましたが、売ってしまいました。
バスフィッシングでは正直あまり良いとは思わなかったからです。
やはりバスフィッシングで使用するならフローティングタイプかサスペンドタイプですよ!
という事でお勧めはこれです。
DUOのレアリスジャークベイト100F。
ジャークソニックと比べてお安いのも嬉しい所です。
後は、これ。
DUOのレアリスジャークベイト120F。
100Fと120Fがあれば大体OKかな〜という感じです。
が、しかし。
イシーは100F、110SP、120F、120SP、ロングビルタイプの100DRと所持しています。
今年もDUOのレアリスジャークベイトが活躍してくれるのかな?
あれ?
今回はあくまでもウォーターランドのジャークソニックのブログ記事ですよ。(笑)

2020/03/23

そのタックルバランスで大丈夫?

19アンタレスや20メタニウム

こんにちは。
イシーです。
皆さんが待ちに待った20メタニウムが発売されましたね。
イシーは19アンタレスを所持している為20メタニウムを買うつもりはありません。
購入しても需要が無いと言いますか…。
19アンタレスや20メタニウムは、バーサタイルなスプール径と言われる34mm径のスプールとなっています。
ですが、イシー的には全くバーサタイルなリールだとは思っていません。
スプールが軽量化されて、よりライトなルアーを扱うのに良いかな。という程度です。
ただ、人によってはバーサタイルなリールとして使用する方もいると思いますが。

有り得ないタックルセッティング

ここからは軽く毒を吐いていこうかと思います。(笑)
皆さんはタックルセッティングに悩んだりした事は有りますでしょうか?
イシーはそれ程悩む事はありません。
基本的に、釣りをするシチュエーションや使用するルアーによってロッドを選択します。
ロッドを選択した後にリールを合わせるという感じになります。
ちなみにこのタックルセッティングはどう思いますか?
  • ロッド:ワールドシャウラ1703R-2
  • リール:19アンタレス(HG)
イシー的にこのタックルセッティングは完全に有り得ません。
それは何故か?
まず、ロッドが1703Rという事でロッドパワーが3番です。
MH(ミディアムヘビー)〜H(ヘビー)といった所でしょうか。
そこまでパワーのあるロッドに19アンタレス(20メタニウム)を組み合わせるのはバランスが悪過ぎだと思っています。
1703Rに使用するラインとしては最低20lb、イシーは22lbを使用しています。
20lb以下のラインを使用するなんて絶対に有り得ない!
19アンタレス(20メタニウム)に20lbのラインを巻くという事になると、フルにラインを巻いても65mしか巻けないという事になります。
65mしかラインが巻けていない状態で20g超えのバイブレーションプラグをフルキャストしたらどうなると思います?
もうライン足りないでしょ…。
ですから19アンタレス(20メタニウム)がバーサタイルなリールだと思えないんです。
キャストフィールが良いとか、そんなのは二の次。
イシー的には下記の様なタックルセッティングがベストだと思っています。
  • ロッド:ワールドシャウラ1651FF-3
  • リール:19アンタレス(HG)
ロッドパワーが0番、もしくは1番。
妥協して2番です。
タックルセッティングに妥協する事は絶対に有り得ませんが。
上記のロッドとリールの組み合わせであれば、ラインは14lbを使用します。
14lbのラインをフルで巻くと90m巻けます。
ただ、このタックルセッティングで扱うルアーはあくまでもライトなルアーです。

1703Rに合わせるべきリール

ワールドシャウラ1703Rに合わせるべきだと思っているリールは2つしかありません。
なんだと思いますか?
それは18アンタレスDC MD XGと19及び20カルカッタコンクエストDC200(HG)です。
イシーは18アンタレスDC MD XGを1703Rに組み合わせます。
16アンタレスDC (HG)でもなければ、19アンタレス(HG)でもないんです。
  • ロッド:ワールドシャウラ1703R-2
  • リール:18アンタレスDC MD XG
この組み合わせで前述した様にライン22lbを巻いて使用します。
ラインが太過ぎると思った方。
あなたが使用しているラインが細過ぎます。
何の為に1703Rを使用しているのですか?
いくらパワーがあるロッドを使用していても、ラインが細くては意味が無いですよ。
そうなると必然的にライン20lbが100m巻ける18アンタレスDC MD XGを選択するというわけです。

めちゃくちゃな人が多過ぎる…

SNSやYouTube等を見ていると、何だこりゃ?っていうタックルセッティングをしている人が多過ぎます…。
更にそれを見て、真似をする人がいて負の連鎖なんです…。
ロッドの先重りがどうとか、リールの目減りがどうとか。
そんなの気にする前にタックルバランスを気にしろよ!と。
タックルバランスが悪いから快適に釣りが出来ず、釣り方もおかしくなってしまうんです…。
それに、ロッド1本で何でも出来ると思わないで下さい。
ある程度万能なロッドはありますが、あくまで万能というだけ。
何の為にロッドのアイテムが沢山あるのか。
「xxxのロッドは何gから何gまで投げられますか?」という質問が良く来ます。
そんなくだらない質問はもうやめて下さい…。

2020/03/22

デカバスのチェイスが!?

風が強い日

今回は釣行記事です。
風がビョービョー吹いていましたが、バスフィッシングに出撃しました。
前日は気温がぐーんと上がったのですが、釣行当日はそこまで上がらず…。
風が凄くて寒かった位です…。
今回使用したタックルは下記になります。
  • ロッド:ワールドシャウラ1652R-3
  • リール:アンタレスDC HG
  • ライン:GT-R HM 16lb

  • ロッド:ワールドシャウラ2701FF-2
  • リール:ステラ2500SHG
  • ライン:GT-R HM 8lb
今回はベイトタックルとスピニングタックルを1セットずつ用意しました。
ベイトタックルはジャークベイト、スピニングタックルはシャッドやワームをやる感じです。

風の影響か?

最初の野池に着いてからすぐにデカバスがぷか〜っと浮いている姿が確認出来ましたが、案の定口を使う事は無く消えていきました…。
前回の釣行『春に誘われて』では鯉がシャローに上がってきているのが確認出来、バスも3度程見ました。
今回は鯉がシャローに上がってこず、バスも最初に見ただけでした…。
やはり風が強いのが影響しているのか…?
最初の野池に見切りをつけて、別の野池に移動です。

いばらの道を進む

次に来た野池は比較的浅い場所です。
ここではスピニングタックルのみを持ち、シャッドで丹念に攻めていきます。
赤い枝が生えてるのが分かると思います。
この枝はとげが凄いんです…。
それでも、バスが釣りたい一心でいばらの道を突き進みます!
突き進んでみたは良いものの、バスからの反応は得られず…。
う〜ん…。
やはり甘くないな…。
これでもかという位時間を掛けてシャッドを流したんですけどね…。
更に野池を移動します。

デカバスのチェイスが!?

時刻は15:00を過ぎた頃でしょうか。
最後の望みを掛けてロングビルタイプのジャークベイトを引き倒します。
すると。
デカバス(40cm後半位?)のバスが2匹、ルアーを追いかけてきました!
しかし、バイトまで至らず…。
今度はコースを変えてみます。
デカバスの1匹がまた出てきました!
ルアーを足下まで追いかけてきて、口をパクパクしてます。
でも、バスの口とルアーの位置が合致せず…。
写真が足下なのですが、ここまでルアーを追い詰めているのにも関わらずです…。
これはイケるのではないかと思いました。
時間を置いてからまたルアーを送り込みますが、もうバスのチェイスは無く…。
夕方遅くまで頑張りましたが、結局ノーバイト…。
あそこまでルアーに反応していながら食わせられなかった事が悔しくてなりません…。

フックサークルが付いたルアー

結局、前回に引き続きボウズでした…。
申し訳ないです…。
また、ボウス記事になってしまった…。(笑)
でも本当にやり込んだんですよ…。w
ちなみにこのルアーにチェイスがありました。
DUOのレアリスジャークベイト100DRなんですが、使い倒した結果フックサークルが付きました。
最近では温かくなる日もありますが、寒い日もあります。
それを繰り返して春になるのですが、桜が咲く頃になるまではちょっと我慢の釣りが続きそうです…。
早く春になってくれ〜!(笑)

人気の投稿(過去30日間)