Translate

2020/07/25

シマノから2020年秋の新製品(Part.3)

前回の続き

前回のブログ記事『シマノから2020年秋の新製品(Part.2)』の続きです。
今回は『シマノから2020年秋の新製品(Part.3)』という事でミノープラグのご紹介です。

バンタム ワールドミノー 115SP フラッシュブースト

止めても誘い続ける「フラッシュブースト」搭載。
飛ぶ!泳ぐ!誘う!世界で活躍する次世代ミノー。
ワールドミノー115SPはフラッシュブーストとAR-C重心移動システムを搭載した見せて喰わせるタイプのサスペンドミノーです。最大の特長はルアーを止めているときでも、内蔵された反射板の光によって誘い続ける「フラッシュブースト」。この生命感あふれるキラメキが魚の本能を刺激するのか、ルアーテスト時にも多くの魚がワールドミノーに襲いかかってきました。さらに、AR-Cシステムを搭載することで、逆風にも強い安定した飛行姿勢・飛距離も実現。このAR-Cシステムは、安定した飛行姿勢がピンスポットへのアキュラシーキャストを可能にするとともに、太めのラインを使いたいフィールドにおいてラインポンド数を落とさずに遠投することも可能にします。最新テクノロジー満載の新世代ミノーが、新たなミノーイングの扉を開きます。

もっと釣るために開発された「フラッシュブースト」と「狂鱗」、「AR-Cシステム」が全部入り!!
ミノーやジャークベイトと呼ばれるジャンルのルアーは、他のクランクベイトやスピナーベイトといったファストムービングルアーと違い『見せて喰わせる』といった要素を併せ持った数少ないハードルアーです。そこでそのバイトトリガーとなるポーズというアクションをより効果的に、且つ見切られないために一役買ってくれるのがフラッシュブーストと狂鱗です。ルアー自体は動いていないのに内部でフラッシュブーストが絶えず振動し、反射光だけでなくルアーのシルエット自体も変化させ続けます。そこに狂鱗が加わることでアクション時、ストップ時の両面で魚はルアーを生き物としてとらえやすくなります。それに加えて、ワールドミノーにはAR-Cシステムが搭載されており、逆風に弱いとされるミノーの欠点を克服しつつ、遠投性能を実現しています。投げて良し、動かして良し、止めて良しの三拍子揃ったミノーがワールドミノーなのです。

特に春と秋は出番が多いワールドミノー!
ミノーが最も活躍するのは春と秋。春は産卵でワカサギやオイカワといった小魚が接岸しやすく、シャローレンジでメインベイトとなります。秋はその年に生まれたアユやイナッコがちょうどバスの捕食しやすいサイズまで成長しメインベイトとなる季節です。ワールドミノーはそういったベイトフィッシュにマッチした115mmというサイズ。春秋はもちろん季節を問わず使用しやすいミノーです。

シーズンに合わせた操作方法&カラーセレクトとは?
春はまだ水温が低いことが多くジャークとストップを繰り返した緩急を効かせたアクションが効果的ですが、一方で秋はまだまだ魚が動けるので、ただ巻きやストップを織り交ぜるにしてもポーズ時間を短くすることでより広いエリアをカバーすることができます。ジャークもただ巻きもどちらのアクションでもワールドミノーはレスポンス良く動いてくれるので一つで春秋をカバーし、シーズン問わず幅広く使用可能です。またワールドミノーは115mmというオーソドックスなサイズのミノーですが、カラーラインナップが豊富で001キョウリンクロギンや002キョウリンクロキンのようにある程度シルエットがしっかりと出るカラーから、007クリアシラウオ、009クリアワカサギのようにボディ全体がクリアでシルエットが出にくいカラーまでラインナップされています。ベイトフィッシュのサイズがルアーサイズに酷似している場合はシルエットの出やすいカラー、若干サイズに違いがある場合はシルエットの出にくいカラーとローテーションすることで同一ルアーでより幅広く対応できるように仕上げられています。

ワールドミノー使いこなすためのオススメタックル
クイックなロッドアクションで魚にスイッチを入れることも多いため、長すぎるロッドはNG。他の釣りでも使用頻度の高い6.0〜6.10ftクラスのMアクションが最もオススメです。精度を重視するような場面では6.6ftまでを、飛距離も必要な場面では6.6ft以上をオススメします。突発的なリアクションバイトが多い釣りでもあるのでラインスラックを瞬時に回収しやすく、安定したリトリーブも可能なハイギア(HG)がオススメです。

¥2,360

シマノ、バンタムの『ワールドミノー』はボディーサイズが115mm、ウエイトが17g、サスペンドタイプのルアーとなります。
2020年9月発売予定。


バンタム ワールドミノー カラーバリエーション

『ワールドミノー』のカラーバリエーションは下記になります。
全12色のラインナップです。


フィーチャー

ボディ内部にスプリングで反射板を吊るしたフラッシュブースト機構。水のロッドアクション等の振動を利用し、さらにスプリングで振動をさせることでルアーを止めた時にも小刻みなキラキラとしたフラッシングで誘い続けます。

AR-Cシステムは、重心移動システムの常識を覆すバネ式重心制御を採用。キャスト時に、遠心力と加速Gでウエイト後方へ移動させます。そして、バネ式重心制御を搭載することで、ウエイトが戻り、着水時には固定重心ミノーと同等の安定姿勢で抜群の立ち上がりを実現しています。AR-Cシステムを搭載することで、逆風にも強い安定した飛行姿勢・飛距離を実現。安定した飛行姿勢がピンスポットへのアキュラシーキャストを可能にするとともに、太めのラインを使いたいフィールドにおいてラインポンド数を落とさずに遠投することも可能にします。

本当のリアリズムを追い求め開発されたシマノオリジナル鱗模様のホログラム「狂鱗」

(Part.4)へ続く

今回はシマノから2020年秋の新製品(Part.3)』という事で、バンタムの『ワールドミノー』をご紹介させていただきました。
次回は『シマノから2020年秋の新製品(Part.4)』になります。
是非ご覧下さい。

Sponsored Link

2020/07/24

シマノから2020年秋の新製品(Part.2)

前回の続き

前回のブログ記事『シマノから2020年秋の新製品(Part.1)』の続きです。
今回は『シマノから2020年秋の新製品(Part.2)』という事でバイブレーションプラグ(メタルバイブ)のご紹介です。

バンタム Btバイブソリッド

泳ぎの立ち上がりに優れたコアソリッドボディ採用
底立ちの良いボディデザインが攻略の幅を拡げる!
低水温時に出番の多くなる小さなシルエットと移動距離の少ないアピール。Btバイブソリッドは泳ぎ出しの良い薄型ボディにボトムで立ちやすいデザインを採用。短い移動距離でアピールし、止めた時にもバイトチャンスを作ります。

どのシーズンが一番適しているのか?
Btバイブソリッドの最も活躍する季節はやはり晩秋〜早春にかけての低水温期。変温動物でもあるブラックバスはどうしても水温が低下すると動きがスローになり、同時に活性も低下します。この低水温期はスローな魚に対し、よりスローに見せてしっかりと食性に訴えかけてバイトまで持ち込むという方法と、それとは逆に活性が低い魚に対し、一瞬のスピードのあるアクションであえて条件反射的に魚に口を使わせてしまうリアクションバイトを狙う方法の大きく分けて2つのパターンがあります。つまり両極端な二通りのアクションやルアータイプが効果的なシーズンでもあります。特に冬季は『越冬場』と呼ばれるような水深が周りより深い場所や、水の動きが少ないような場所に多くの魚が集まる傾向があります。そういった魚が集まりやすい場所でリアクションバイトを狙うことができるルアーがBtバイブソリッドなのです。

着底時に倒れずにきちんと立って、根掛りを防ぎながら魚にアピールできる!
冬季やハイプレッシャー時に効果的なルアーとして代表的なものにメタルバイブレーションがあります。Btバイブソリッド同様、リフト&フォールによる緩急を効かせたアクションが得意で、リアクションバイトを誘発することのできるタイプのルアーです。Btバイブソリッドには従来のメタルバイブレーションにはできない特長が二つあります。まず一つ目は、着底時にしっかりと頭を下にしてボトムで立つように設計をされているので、根掛りが防ぎやすい点。従来のメタルバイブレーションの多くは着底時に横倒れしてしまうものがほとんどで、根掛りのリスクも高く、バイトチャンスもアクション時に限られていました。二つ目は、着底時に姿勢が安定することで根掛りを軽減させつつ、ボトムで立つため、リフト&フォールのアクション時だけでなく、着底後も魚に対してシルエットやカラーを視覚的に見せることが可能となる点で、よりアクション時のリアクション効果を高めることができることにもつながります。

Btベイトを快適に使いこなすためのオススメタックル

Btバイブソリッドには7gと10gの2ウェイトがラインナップされています。ML〜Mアクションのベイトキャスティングタックルであれば幅広く対応しますが、クイックなアクションをさせることでより効果を発揮するので、6〜6.6ftクラスのショート気味なタックルがオススメです。岸釣りでは飛距離が釣果を左右する大きなファクターになることも少なくないので、スピンングロッド+PEラインの組み合わせも非常に有効です。

¥1,200

シマノ、バンタムの『Btバイブソリッド』はボディーサイズが45mm、ウエイトが7gとボディーサイズが45mm、ウエイトが10gの2種類となります。
2020年9月発売予定。

バンタム Btバイブソリッド カラーバリエーション

『Btバイブソリッド』のカラーバリエーションは下記になります。
全12色のラインナップです。


フィーチャー

本当のリアリズムを追い求め開発されたシマノオリジナル 鱗模様のホログラム

空気室を持たない薄型ボディデザイン。水キレが良く、巻き始めからしっかりアクションすることで、無駄な移動を抑えます。リフト&フォールで操作する際に倒れづらい形状にすることでボトムでのポーズ時にもしっかりアピールします。

ボトムでの立ち姿勢

7g、10g同ボディサイズ

(Part.3)へ続く

今回はシマノから2020年秋の新製品(Part.2)』という事で、バンタムの『Btバイブソリッド』をご紹介させていただきました。
次回は『シマノから2020年秋の新製品(Part.3)』になります。
是非ご覧下さい。

Sponsored Link

2020/07/23

シマノから2020年秋の新製品(Part.1)

秋の新製品情報

突然ですが、今回のブログ記事から暫く新製品情報の記事が続きます。
シマノから2020年秋に発売が予定されている新製品の情報が入りましたのでお伝えしていこうと思います。
まずは『シマノから2020年秋の新製品(Part.1)』という事でスピナーベイトのご紹介です。

バンタム スウェジーストロング

テーパードワイヤーでタフさとバイブレーションを両立!
ディープレンジを攻略するヘビーデューティーモデル!
スウェジーストロングはテーパードワイヤーを採用することでタフさとバイブレーションの伝達向上を両立しています。ロアアームは線径を太くすることでフッキング時の伸びを抑えフッキング率を向上させています。アッパーアームはブレードの振動をロッドに伝えやすい線径に設計されています。

スウェジーストロングの出番はこんな時!!
オリジナルモデルのスウェジーはおおまかに3/8ozでは水深1mまでを、1/2ozでは水深2mまでを探ることに適していました。スウェジーストロングはオリジナルモデルよりも遠くに、そしてより深いレンジをサーチすることに適しています。具体的には5/8ozでは水深3mまでを、3/4ozでは水深4m以上を安定してトレースすることができます。従来のヘビーウェイトスピナーベイトはウェイトがUPするとともにスピナーベイトのシルエット、ボリューム自体も同様に大きくなるものがほとんどでしたがスウェジーストロングはシルエット、ボリューム感を変化させることなくより深いレンジや、より遠投した先で同じ感覚でルアーを通してくることができます。また、ダブルウィローモデルのためより浮き上がりにくく、夏のリザーバーではベイトと共にディープレンジに落ちた高活性な魚に、晩秋のターンオーバーではベイトを意識しつつもルアーのトレースレンジに非常にシビアな魚に効果的です。
その他にも安定性の高さを生かすことで、流れのあるリバーフィッシングでの流心攻略や、ノーマルリトリーブでは魚に見切られてしまうような時のスーパーファストリトリーブなど、さまざまなフィールドコンディションに応用することも可能です。

基本的な使い方と釣るためのカーブロールテクニック
オリジナルモデルのスウェジーシリーズ同様、基本はリトリーブしてくるだけできっちりと魚を誘い出してくれますが、より深いレンジをスピナーベイトで攻略するためにおすすめなのがルアーとブレードのバイブレーションを感じながらのカーブロールテクニックです。トレースしたいレンジまでルアーを沈める際にノーテンションで落とすのではなく、着水後素早くラインスラックをとり、ラインテンションを掛けながらブレードを回転させつつフォールさせることでサスペンドしている魚や、リトリーブレンジよりも浅いレンジにいた魚をバイトに持ち込むことができます。特にヘッド重量があり、高回転型のブレードを搭載しているスウェジーストロングはよりカーブロールさせやすいルアーです。ディープレンジでのリトリーブでも活躍してくれるスウェジーストロングですがこういったカーブロールを意図的に組み合わせることでより幅広いレンジ、コンディション、フィールドに対応することができます。

¥1,490

シマノ、バンタムの『スウェジーストロング』は5/8oz(18g)/ダブルウィロー(DW)と3/4oz(21g)/ダブルウィロー(DW)の2種類となります。
2020年9月発売予定。

バンタム スウェジーストロング カラーバリエーション

『スウェジーストロング』のカラーバリエーションは下記になります。
全10色のラインナップです。


フィーチャー

スウェジーストロングはオリジナルモデルより太いワイヤー径を採用。ビッグフィッシュとのやり取りでも変形しにくい設計で、ロングキャストした先の深いエリアでのフッキングもしっかりできる仕様になっています。

テーパードの異径アームでタフさとバイブレーションを両立

立ち上がりが早く巻き抵抗の軽い専用ブレード

泳ぎを安定させる低重心デザインヘッド

サイズ比較


(Part.2)へ続く

今回はシマノから2020年秋の新製品(Part.1)』という事で、バンタムの『スウェジーストロング』をご紹介させていただきました。
次回は『シマノから2020年秋の新製品(Part.2)』になります。
是非ご覧下さい。

Sponsored Link

2020/07/22

飛ばし過ぎにご注意!

新しいルアーが試したくて

皆さんこんにちは。
イシーです。
今回は釣行記事になります。
以前のブログ記事『このサイズを待っていた!NEWルアー購入』で購入したルアーを試したくて行ってきました。

天気予報はハズレ

釣行前日にiPhoneの天気アプリを確認すると雨マークが表示されていましたが、どうやらハズレた様です。
釣りを始める時点で気温27度と結構暑い…。
今回用意したタックルが下記になります。
  • ロッド:ワールドシャウラ1651FF-3
  • リール:アンタレスDC HG
  • ライン:GT-R HM 16lb

  • ロッド:ワールドシャウラ1652R-3
  • リール:アンタレスDC HG
  • ライン:GT-R HM 20lb
購入したばかりのルアーを試すべく、この2セットを用意しました。

ルアーを試す

今回試すルアーがこちらです。
DUOのレアリスペンシル100。
ロッドは、1651FFの方が良いのか1652Rの方が良いのか。
レアリスペンシル100は14gという事で、飛ばし感で言うとどちらも有りでした。
アクション的には、1651FFの方がややゆっくりと誘え、1652Rの方がキビキビと誘えます。
イシー的には1652Rのテイストの方が好みでした。

水面に生命感

とりあえずレアリスペンシル100を一通り試した後はしっかりバスを狙います。
水面がパシャパシャしているので、ポッパーを投入。
子バスがポッパーに出てくれましたが、バレました…。
気を取り直してポッパーで狙い続けます。
釣れました。
やはり子バスが元気です。
ルアーはDUOのレアリスポッパー64。
ある程度遠投してあげる事で、人為的プレッシャーを与えず食わせる事が出来ます。
写真の様に足下付近へポッパーを落としても、ダメでしたね…。

場所を移動するも

子バスながらも1匹釣れたのでボウズをまぬがれる事は出来ました。
という事で場所を移動。
別の野池や、河川、リザーバーにも行ってみましたが、全くダメ…。
それにしてもリザーバーの水は綺麗ですね〜。
ザリガニ君も丸見えですよ。(笑)

再び最初の野池へ

沢山移動しましたが、結局最初の野池に戻ってきました。
やはり水面でパシャパシャやっているのが気になりトップウォータープラグを使います。
そして。
小さいけどコロンコロンした子バスが釣れた〜!
ルアーは購入したばかりのレアリスペンシル100。
このルアーは重心固定なのですが、良く飛んでくれて使っていて非常に気持ちが良いです。
釣れたバスも遠投した先で食ってきました。
ただ…。

飛ばし過ぎにご注意!

レアリスペンシル100があまりにも気持ち良く飛んでくれるので、ひたすらキャストしてました。
その時。
写真の丁度真ん中辺りに木があるのですが、そこにルアーが…。
ラインは20lbだから取れるだろうと思いきや。
あっさり切れてしまった…。
あぁ…。
ちゃんとラインチェックしてなかったせいだ…。
自分の過ちです…。
というか調子に乗って飛ばし過ぎた…。
うぅ…。
ロストしまったレアリスペンシル100のセクシーオイカワというカラー、また買うしかないな〜。
皆さんも飛ばし過ぎにはご注意下さいね!(笑)

Sponsored Link

イシー使用タックル


ヒットルアー

2020/07/21

ラパラからNEWスプーン発売!

トラウトアングラーの方へ

今回のブログ記事はトラウトアングラーの方へ向けたものになります。
渓流や管理釣り場で釣りをされる方にとってスプーンは外せないルアーだと思いますが、今回はラパラから発売になる新しいスプーンを2つご紹介させていただきます。

モアシルダ マイクロ

最初にご紹介するスプーンがこちらです。
ラパラ、ブルーフォックスの『モアシルダ マイクロ』。

北海道では言わずと知れたアキアジの定番スプーン。浮き上がりを抑えた設計でレンジキープがしやすい。水平に近い姿勢でスローフォールしながらターゲットにアピール。フォール中には表と裏が入れ替わり、イレギュラーなアクションと色の変化で誘惑します。

2020年秋発売予定

モアシルダ マイクロ スペック

『モアシルダ マイクロ』のスペックは下記になります。
全4種類ありますが、全て94mmというサイズで、ウエイトが1.5g、2.4g、3.0g、4.0gのラインナップです。

モアシルダ マイクロ カラーバリエーション

『モアシルダ マイクロ』のカラーバリエーションは下記になります。
全11色のラインナップです。

インクー マイクロ

お次にご紹介するスプーンがこちらです。
ラパラ、ブルーフォックスの『インクー マイクロ』。

ヨーロッパの伝統スプーンInkooの釣れる要素を盛り込みダウンサイズ。ウォブンロールアクションで管理釣り場でのハイプレッシャーの中でも確実にターゲットを誘い出します。スローリトリーブでもしっかりと泳ぎます。フォールスピードはあらゆる状況に対応できるように少し早めの設定です。

2020年秋発売予定

インクー マイクロ スペック

『インクー マイクロ』のスペックは下記になります。
全4種類ありますが、全て94mmというサイズで、ウエイトが1.3g、2.0g、2.8g、3.8gのラインナップです。

インクー マイクロ カラーバリエーション

『インクー マイクロ』のカラーバリエーションは下記になります。
全11色のラインナップです。

管理釣り場のシーズンではないけど

イシーは渓流での釣りも管理釣り場での釣りもやりますが、今回ご紹介したスプーンは管理釣り場で使いたいと思いました。
今は時期的に管理釣り場のシーズンではありません。
ご紹介した2つのルアーは管理釣り場が本格的になる秋頃の発売予定です。
今はバスフィッシングが中心のイシーですが、涼しくなってきたらエリアフィッシングが中心になると思います。
バスも良いですが、トラウトも良いですよ!

2020/07/20

小さなシルエットが効く!

小さなルアー

この時期のバスフィッシングというと、トップウォーターでの釣りや虫系ルアーでの釣り、ワームでの釣りがセオリーかと思います。
ですが、状況によっては巻き物系のルアーが良い時もあります。
特に小さなシルエットのクランクベイトが良く釣れます。
今回は夏場でも使えるシマノ、バンタムのクランクベイトをご紹介させていただきます。

バンタム コザック

シャロー(約1m)、ミディアム(約1.5m)、ディープ(約2.5m)を攻略する3タイプのバーサタイルクランク。
低速で巻いてよし。高速で巻いてよし。中層を巻いてよし。ボトムを巻いてよし。投げて巻くというクランクベイトの基本を形にしたバーサタイルクランクコザック。巻き抵抗を抑えたロールを軸にしたタイトアクションは高速巻きでの安定を実現し、シャローベントリップ搭載で水平姿勢に近い泳ぎで中層域の魚にも違和感なくアピールします。潜行深度約1mのSR、約1.5mもMR、約2.5mのDR、これら3タイプをラインナップ。幅広いレンジをカバーします。

¥1,450

シマノ、バンタムの『コザック』はSR、MR、DR全て、ボディーサイズが54mm、ウエイトが8gになります。

バンタム コザック カラーバリエーション

『コザック』のカラーバリエーションは下記になります。
全12色のラインナップです。

フィーチャー

水平姿勢に近い泳ぎを生み出すシャローベントリップ搭載

高速巻き時の水中姿勢

SR深度約1m、MR深度約1.5m、DR深度約2.5m

ボディーサイズは全て同一で、リップの大きさによって深度が変わる

一日中使い倒す

今の時期は『コザック』のSRさえ所持していれば、一日中ひたすら巻き倒すのも良いでしょう。
そこにMRやDRもあればフィールドによって使い分けられるので尚良いです。
また、『コザック』のSRを水面に浮かせた状態で、ロッドでちょんちょんと煽ってトップウォーター的に使用するのも有りです。
小型のクランクベイトですが、秘めているポテンシャルはかなり高いです。

Sponsored Link

2020/07/19

ウォーターランドからNEWバズベイト発売!

秋になれば

まだ夏本番という感じでもありませんが、夏といえばトップの季節です。
夏が終わり、秋になればデカいバスが積極的に餌を求めて彷徨い始めます。
そんな時に広範囲からバスを誘い出してくれるのがバズベイトです。
去年の秋にイシーもバズベイトでおいしい思いをさせてもらいました。
そんなバズベイトなんですが、新製品が発売されました。

エンジェルバズベイト 1/2oz

今回ご紹介するルアーがこちらです。
ウォーターランドの『エンジェルバズベイト 1/2oz』。
カタログには5/8ozが発売されると記載されていた気がしますが、今回発売になったのは1/2ozです。
『エンジェルバズベイト 1/2oz』のブレードはシールバー、ゴールド、ブラックの全3種となっています。

¥1,408(税込)

エンジェルバズベイト 1/2oz カラーバリエーション

『エンジェルバズベイト 1/2oz』のカラーバリエーションは下記になります。
全10色のラインナップです。
上記写真のカラーチャートですが、写真とカラー名が合致していません…。
村田基氏のSNS(Facebook)で『エンジェルバズベイト 1/2oz』の写真がアップされていましたので、お求めの際はこちらを参考にすると良いかもしれません。
写真上段左から。
  • スーパーホワイトS
  • ホワイトチャートS
  • オールチャートS
  • ブラック/ブルーS
  • シルバー/クリアーS
写真下段左から。
  • ホワイト/シルバーS
  • ホワイトチャートG
  • オールチャートG
  • ブラック/ブルーG
  • ブラック/ブルーB
※S:シルバーブレード、G:ゴールドブレード、B:ブラックブレード

ラバースカートの交換が可能

『エンジェルバズベイト 1/2oz』は、『ウォーターラバー』という特殊なラバースカートが使用されていますので、ラバースカートの交換が楽に行えます。
こちらがウォーターランドの『ウォーターラバー』です。
『ウォーターラバー』は一度外しても、直ぐに元に戻せます。
『エンジェルバズベイト 1/2oz』のラバースカートを別売の『ウォーターラバー』に付け替える事によって、自分好みのカラーに変更する事が可能です。

ウォーターラバー カラーバリエーション

『ウォーターラバー』のカラーバリエーションは下記になります。
写真が分かれてしまっていますが、全15色のラインナップです。

金属疲労に注意!

バズベイトはリトリーブしてくると横に傾いてしまう物があります。
そんな時はわざとアームを曲げて、まっすぐ泳ぐ様にしてあげましょう。
また、バズベイトに限らずスピナーベイトもそうなのですが、魚を掛けるとアームが曲がってしまう事が多々あります。
曲げる事を繰り返していると、金属疲労によりアームがポキッと折れてしまう事がしばしば…。
特にバズベイトはデカいバスが掛かる事が非常に多いルアーです。
折角掛けたバスを逃してしまう事が無い様、アームはこまめにチェックしましょう。

Sponsored Link

人気の投稿(過去30日間)