Translate

2020/07/31

忘れてはいけない釣れるワーム

以前のブログ記事

以前のブログ記事『このワームは釣れるでしょ!』で『DBユーマフリー』というワームをご紹介させていただきました。
『DBユーマフリー』はジャッカルの新しいワームですが、ジャッカルの既存ワームで釣れるものを考えた時にこれは外せないだろうと思ったものがあります。
実際にイシーが使用して実績があったワームなので、このブログ記事を読んで下さっている方も是非参考にしていただけたらと思います。
また、ご紹介するワームは今年2020年にも新色が5色追加となります。

シザーコーム

撃っても、巻いても、落としても。全方位に死角なき食わせの切り札
研ぎ澄まされたスキルと独自のスタイルで多くのアングラーから支持を受ける、房総半島のスーパーロコアングラー川島勉によって生み出された"Scissor Comb/シザーコーム"は、スリムシルエットのスプリットテール形状(二股)に4対のシザーアームが取り付けられた独創的な形状のソフトベイトです。このシザーアームが水を受けることで微波動を生み、ボディからテールの先端までをロールさせることでバスにアピールします。絶妙なバランスによるアクションはシラウオなどの遊泳力の弱い小魚の波動と酷似しており、軽量ジグヘッドとセットしてただ巻きするだけで本物の小魚が群れと勘違いして追尾するほど。さまざまなアクション、シチュエーションで使用可能な汎用性の広さは秀逸。シグヘッドによるスイミングはもちろん、テキサスリグやフリーリグによるカバー撃ちから、ドロップショットリグやネコリグのフィネス戦略など、撃つ/巻く/落とすというすべてのアプローチに対して高次元で対応します。

¥760(6インチは¥810)

ジャッカルの『シザーコーム』は2.5インチ、3インチ、3.8インチ、4.8インチ、6インチの5種類となります。

シザーコーム カラーバリエーション

『シザーコーム』のカラーバリエーションは下記になります。
全31色のラインナップで、内5色が2020年追加の新色となります。
(2020年追加新色:カワシマスモークシュリンプ、ベビーザリガニ、ダークグリパンギル、ワカサギアピール、ドバミミズ)

フィーチャー

長さと太さが異なる4本対のアーム
ボディに対して逆手に取り付けられた4対のアームは、それぞれが長さと太さ(面積)が異なります。水流を受けると細かなバイブレーション、さらにフォールやズル引き時には、左右のロールまでも起こします。これまでのワームにはなかった、このアクションにより、スレたバスでさえ口を使ってしまうという驚くべきテスト結果をもたらしています。

ボトルネック形状のテーパーがかかったボディ
よりリアルにフィネスにと設計されたコンパクトボディは、すべての部位がテーパーがかかったボトルネック形状。4対のアームにより生み出されたバイブレーション、ロールアクションが、このボディに鳴動することでワーム全体がよく動き、まるで生きているかのように水中でアクションを起こします。

特徴的な2本のロングテール
サイズの全て異なる4のアームは、太さにテーパーのかかったボディに接続。それらの変化のあるボディワークから生まれるパイプ&弱ロールと、後部の2本のテールが生むパイプ&パタ足アクションのコンビネーションシグナルがこのワームの真髄です。

最後に

いかがでしたでしょうか。
既に『シザーコーム』の凄さを知っていて愛用していらっしゃる方も多いと思います。
本当に釣れるワームです。
イシーは以前のブログ記事でもご紹介した『DBユーマフリー』と、今回ご紹介した『シザーコーム』で、また新しい事をやろうかと検討中です。
やりたい事が色々思い浮かんで終わりが見えない感じですね。(笑)

Sponsored Link

2020/07/30

スウェジーにこんなのがあったのか!?

3タイプ存在するスウェジー

シマノ、バンタムのスピナーベイト、スウェジー。
イシーは最近知った事なのですが、スウェジーは3タイプ存在するんです。
3タイプとはブレードの違いになります。
タンデムウィロー(TW)とダブルウィロー(DW)が存在する事は知っていたのですが、マルチダブルウィロー(MDW)というものが今年2020年に追加されていたのです。
今回はスウェジーのマルチダブルウィロー(MDW)をご紹介致します。

バンタム スウェジー(マルチダブルウィロー)

立ち上がりが軽く、巻き抵抗の軽い専用ブレード仕様。
タフさとバイブレーションも両立。
細いアームは変形し、フッキングが決まらない。太いアームはブレードの振動をボディに伝えにくい。そんなジレンマを解消するBtスピナーベイト スウェジー。加工を施したBtアームにより、直径0.95mmのローワーアームは変形しにくいタフさを実現。直径0.6mmのアッパーアームはブレードの振動をボディ全体に伝達し、スカートを艶かしくアクションさせます。ヘッドにはスズとタングステンを採用。比重の高いタングステンを底面に集中させる事で、ガーグリング・バジングといった早い巻きスピードでも泳ぎを安定させ、カバー周りでは障害物回避後の立ち上がりの早さで根掛りを軽減します。

¥1,790

シマノ、バンタムの『スウェジー(マルチダブルウィロー)』は3/8oz(10g)と1/2oz(14g)の2種類となります。

バンタム スウェジー(マルチダブルウィロー) カラーバリエーション

『スウェジー(マルチダブルウィロー)』のカラーバリエーションは下記になります。
全10色のラインナップです。

スウェジーの使い分けやカラーローテーション

3つのブレードタイプを使い分ければ釣りの幅がひろがります
「3つのブレードタイプを使い分ければ、釣りの幅がひろがります」
現在、スウェジーにはダブルウィロー(DW)、タンデムウィロー(TW)、マルチダブルウィロー(MDW)の3ブレードモデルが存在します。フィールド、シーズンを問わず活躍するスピナーベイトですが、ウェイトやカラーのローテーションは一般的ですが、同じスピナーベイトでもブレードタイプをローテーションすることでよりフィールドコンディションに細かくアジャストすることができます。

まずはTW(タンデムウィロー)タイプから!
スウェジーの場合、最も核となるブレードタイプがTWモデル。一般的にはDWモデルが人気ですが、比較的大きなブレードを搭載しているスウェジーの場合、空気抵抗による飛距離差や、スローからファストリトリーブまで幅広く安定してレンジをコントロールできる最もオールマイティなモデルがTWモデルです。まずはTWモデルから試してみることをオススメします。

ベイトフィッシュを意識している魚にはDW(ダブルウィロー)タイプをチョイス
晩秋〜早春にかけてのベイトフィッシュを意識しつつも水温低下でスローになっているタイミングや、急激な水温や水質の変化で捕食行動はしているものの少しナーバスになっているようなタイミングで活躍するのがDWモデル。スウェジーのDWモデルはリアブレードに#3.75という水噛みが良く、フラッシングも強い大き目なブレードが搭載されています。そのためアピール力が高いだけでなく、スローリトリーブ時にもよりしっかりとした引き抵抗とバイブレーションを感じ取ることが出来ます。ボトムギリギリを一定速度で引いてくることが肝となるスローリトリーブに最も適しているモデルです。

活性の高い魚にはMDW(マルチダブルウィロー)タイプが最適
最後は2020年に追加となったMDWモデル。これはDWモデルとは逆に前後共に#3.25という比較的小型のブレードが搭載されており、ファストリトリーブを中心に活性の高い魚を攻めるのに最も適したモデルです。リアに大型ブレードが搭載されたTWモデルやDWモデルに比べてフラッシングによるアピール力は劣りますが、その分ファストリトリーブに対応している為、より早く巻いて魚に気付かせることや、手返しが良いからこそキャスト数を増やし、より細かくスポットを攻めていくことが出来ます。またブレードが小さいことで空気抵抗が減るため、同じウェイトでもより飛距離が稼げるモデルでもあるためショアフィッシングにも向いているのがMDWモデルです。

ウェイトによる使い分けを考える
スウェジーには1/2ozと3/8ozの2ウェイトがラインナップされています。近距離&表層〜シャローでは3/8oz、遠距離&ミドル〜ディープでは1/2ozがオーソドックスな使い分けです。その他に霞北浦水系や全国の河川、ため池等ではシャローの葦やブッシュ周りを攻めるカバースピナーベイティングというメソッドがメインになります。brカバースピナーベイティングではスピナーベイトヘッドのカバー接触後、少しでも早く姿勢を安定させることが根掛りを軽減させるコツです。そこであえてシャローでもヘッドウェイトの重い1/2ozを使うことによりカバー接触後の復元力を高め、よりストレスなくカバースピナーベイティングを行うことができます。

カラーローテーションの基本を知る
スピナーベイトに限らず、ベースカラーを中心によりナチュラルなカラー、派手なカラーの三色を水色、水質でローテーションするのがオススメです。そのなかでもスウェジーなどのスピナーベイトで外せないのがホワイトを中心とした251ホワイトや209チャートホワイト。この二色をベースに、よりナチュラルな139ピンクワカサギや214タイダルキラーを、アピール力を高い場面ではブレードカラーがゴールドで、より光量が少なくてもしっかりフラッシングする201クロキンや256チャートを選択します。また裏技的に241キャンディブラックは大雨や爆風によって激濁りになったコンディションや、他カラーで釣り切ったと思った後の一匹を絞りだすことに向いています。

フィーチャー

Btブレード
立ち上がりが早く、巻き抵抗の軽い専用ブレード

Btアーム
異径アームでタフさとバイブレーションを両立

Btヘッド
泳ぎを安定させる低重心設計のスズとタングステンのハイブリッドヘッド

専用アイ
ブレード、トレブルフック、シンカー等を取り付け可能な専用アイをセッティング

最後に

いかがでしたでしょうか。
シマノ、バンタムの『スウェジー(マルチダブルウィロー)』の紹介の他に、シマノが提唱するスウェジーの使い分けや、カラーローテーションの基本も掲載してみました。
是非参考にしていただければ幸いです。

Sponsored Link

2020/07/29

このワームは釣れるでしょ!

秦拓馬氏の動画を観て

大人気バス釣りYouTuberの秦拓馬氏。
秦拓馬氏がプロデュースするルアーってとんでもなく人気がありますよね。
YouTubeの影響もあってか、秦拓馬氏がプロデュースしたルアーはすぐに売り切れとなってしまいます。
ただ、転売されてしまう事も…。
イシーも秦拓馬氏の動画を観て色々勉強させてもらってます。
そんな中、秦拓馬氏がYouTubeの動画上で使用しているワームに非常に興味を持ちました。
これは釣れるだろうなと思ったワームです。
今回はそんなワームをご紹介致します。

DBユーマフリー

ボディ全体が震える、微波動アクション
最新のバスフィッシングにおいて、抜群の食わせ能力注目を集めるフリーリグに最適化したソフトベイトとして開発された"DB UMA FREE/DBユーマフリー"。プロアングラー、秦拓馬の豊富な経験と独創的なアイデアを基に設計されたDBユーマフリーは、フリーリグの最大のメリットである"アクションとスピードの変化を活かした食わせ"を活かすためにイメージどおりの操作性と緩急の変化をコントロールしやすさを追求しました。フォール時には抵抗を生み、シンカーとルアーの距離を離すブレーキとしての役目と微波動から生まれるロールアクションをテールの先端まで伝えるアーム部や長く伸びた縦扁平のリーチテール、シンカー着底後からルアーが自重だけでもしっかりアクションを生む沈下速度の為の高比重マテリアルの採用。さらに3.8インチと4.5インチもただのサイズ違いではなく、素材の配合や硬度を含めて細部まで調整されており、それぞれのサイズ別に最適化されています。着水からシンカー着底までのスピード感のあるパタパタアクションから、シンカー着底後のスローフォールでの自発的な微波動ローリングへの変化で、バスの捕食スイッチを誘発します。また、飛距離/操作性/沈下バランスまで突き詰めた結果、フリーリグだけではなくテキサスリグ、キャロライナリグ、ノーシンカーリグやウエイテッドフックでのスイミングなど、他のリグでも効果を発揮する汎用性の広さを誇ります。

¥750

ジャッカルの『DBユーマフリー』は3.8インチと4.5インチの2種類となります。

DBユーマフリー カラーバリエーション

『DBユーマフリー』のカラーバリエーションは下記になります。
全6色のラインナップです。

フィーチャー

シザーアーム
ボディの左右に2対セットされたシザーアームは、ローリングアクションを発生させると同時に、フォールやアクション時のブレーキとなることでシンカーとワームの距離をひらけ、フリーフォールの間を長くとれる事に貢献します。

LEECH TAIL/リーチテール
ボディのおよそ半分をしめる縦扁平のリーチテールは、微波動から生まれるロールアクションを先端まで伝えやすくすると共に、シルエットを抑えることで余計なプレッシャーを与えません。

水をしっかり掴む深溝リブ
フォール時にしっかり水を掴んで波動を生むとともに、必要以上の移動を抑える深めのリブが刻まれています。

機能と用途に合わせて最適化した素材構成
塩の詰まった高比重素材を使用することで、自重で沈む際に自発的なアクション起こすライフライクな存在感を実現。さらに、スピニングでの使用も想定される3.8インチと、ラバー撃ちで多用する4.5インチの硬度を変えるなど細部まで工夫が施されています。

サイズ比較
3.8インチと4.5インチのサイズ比較。3.8インチはスピニングタックルやベイトフィネススタイルでの使用にもマッチします。

DBユーマフリーをこう使いたい

ジャッカルの『DBユーマフリー』のご紹介でしたが、いかがでしたでしょうか。
このワームを見て、あのシチュエーションでこう使いたい!と頭の中で思い浮かべるのも釣りの楽しみです。
イシーは完全に頭の中で使うシチュエーションと使い方が頭に浮かんでいます。
釣れるかどうかは別ですが。(笑)
ただ、想像すると色々思い浮かび過ぎて整理出来ない位です。
皆さんもイマジネーションを膨らませて自身の思い描くバスフィッシングを楽しみましょう!

Sponsored Link

2020/07/28

夕マズメに活性アップ!

前回のブログ記事

前回のブログも釣行記事でしたが、今回も釣行記事になります。
前回の釣行記事『釣りガールちぃと楽しむ梅雨の野池』は2020年7月23日の釣行。
今回の釣行記事『夕マズメに活性アップ!』は2020年7月26日の釣行です。
ブログでは連続して釣行記事がアップされていますが、本来は日にちが空いているとご認識下さい。

雨が止んで出発!

釣行当日は朝から雨。
雨が降っていると釣りに行くべきか悩みます。
それが、午前11:00を過ぎた位で雨が止みました。
雨が止んだので釣りに出発です!
気温26度。
やはりジメジメ、ムシムシ。
今回はとある野池で夕マズメまで頑張ろうと思います。
それでは、イシーが使用したタックルがこちらです。
使用したタックルは1セットのみです。
  • ロッド:ワールドシャウラ15101F-3
  • リール:アンタレスHG
  • ライン:GT-R HM 14lb
今回もトップウォータープラグを中心に釣りを展開していこうという魂胆です。

ウィードの上を引く

本格的に釣りをする前にちょっと試したい事がありました。
この密集しているウィードの上を通したい。
こういう所を引くならやはりフロッグじゃないですかね。
という事でジャッカルのカエラを用意。
イシーはバスフィッシングで殆どフロッグを使用しませんが、今回は試すという意味でやってみます。
早速ウィードの上にフロッグを落として引いてくると、かなりのバイトがあります。
ウィードの中には相当数のバスがいる事が確信出来ました。
ただ、バスが小さいのか中々フッキングしてくれません…。
それにしてもフロッグは引っ掛かりにくくて良いですね〜。
使用したタックルはフロッグをやる様なタックルではありませんが、本格的にフロッグをやるタックルで釣りがしたくなりました。
そういえば、亀さんがフロッグに興味津々でしたよ。(笑)

本格的にバスを狙う!

それではここから本格的にバスを狙っていきます。
ポッパーやペンシルベイトを使用して探りますが、反応無し。
これなら釣れるだろうと、ルアーチェンジ。
ほら釣れた。w
子バスですけどね。
DUOのレアリススピン14gです。
レアリススピンは本当に良く釣れるのですが、他のルアーで釣りたい。
という事で、ルアーをジャークベイトにチェンジ。
ただ巻きでゆっくり岸際を引いてくると。
食った!
けどバレた…。
むむむ…。
その後もワンバイトありましたがフッキングせず…。
そして。
雨…。
本当に天気が変わりやすい…。

夕マズメに掛ける!

ここから少し時間を進めて夕マズメへ。
夕マズメになればバスの活性があがるだろうと思い、ペンシルベイトをキャストし続けます。
小さいけど、来た。
ルアーはDUOのレアリスペンシル85です。
このペンシルベイトを最後まで引き倒します。
夕方、18時を過ぎた位で。
活性が上がった様です。
バスが岸際に集まってきている様な感じでした。
このままデカいバスも混じらないかな〜と淡い期待を持ちながらキャストし続けます。
やはりこのサイズか。
そうこうしていると、時間は19時近くになりタイムアップ。

トップは楽しい!

今回も大きいサイズは出ませんでしたが、しっかり楽しむ事が出来ました。
やはりトップウォータープラグで釣れると嬉しくなります。
今の時期、日中は中々厳しかったりしますが、朝マズメや夕マズメは一気に活性が上がります。
活性が上がる時間を見計らって、短時間でも釣りに出掛けるのもアリかもしれないですね。

Sponsored Link

イシー使用タックル

ヒットルアー

2020/07/27

釣りガールちぃと楽しむ梅雨の野池

梅雨のバスフィッシング

今回は釣行記事です。
久しぶりに釣りガールちぃを連れてバスフィッシングをしてきました。
夏本番一歩手前という事でムシムシ、ジメジメの不快指数MAXの中での釣行となりました。

いつもの野池へ

釣行当日は雨が降ったり止んだりの気まぐれ天気。
気温はそこまで高くはありません。
これが釣りにどう影響するのか?
とりあえず、行き慣れた野池からスタートです。
今回イシーが使用したタックルがこちら。
使用したタックルは1セットのみです。
  • ロッド:ワールドシャウラ1652R-3
  • リール:アンタレスDC HG
  • ライン:GT-R HM 20lb
ペンシルベイトをメインで使用していこうという魂胆です。

二人共トップから

イシーはペンシルベイト、釣りガールちぃはポッパーから始める事にしました。
しかし、中々トップに出てくれません…。
前回の釣行『飛ばし過ぎにご注意!』では水面に生命感があったのに、今回はそこまでパシャパシャしていません…。
という事で、釣りガールちぃにシャロークランクを勧めてみました。
すると。
釣りガールちぃ、バスをゲット!
大きくはないですが、トップから少し沈めたシャロークランクが当たりだった様です。
ルアーはDUOのレアリスクランク48SR。
スピニングタックルで扱いやすい、小型のシャロークランクです。

トップを貫き通す

イシーは相変わらずペンシルベイトを使い続けます。
トップに出る魚もいるだろうという変な自信があったので。
そして、カバーとカバーに囲まれているピンポイントにルアーを送り込みます。
すると。
出たー!
けど、釣りガールちぃが釣ったバスより大分小さい〜。(笑)
ルアーは最近のお気に入り、DUOのレアリスペンシル100です。
DUOのWEBページでは下記の赤枠の様に重心固定と表記されていますが、重心移動の間違いじゃないかな〜。
まあ、とにかく良く飛んで、キレのあるアクションが魅力のレアリスペンシル。
本当に大好きなルアーです。

やはりテールスピンは凄い!

一方釣りガールちぃは、シャロークランクからテールスピンにルアーチェンジ。
するとあっさり。
釣ってます。
DUOのレアリススピン7gです。
更に。
サイズは小さいですが、釣りガールちぃ絶好調!
ここで、釣りガールちぃのタックルを借りるイシー。
イシーもレアリススピンでチビデブなバスが釣れた〜。(笑)
そして、また釣りガールちぃが。
もうボッコボコに釣ってらっしゃる。(笑)
やはりテールスピンは圧倒的に釣れますね!

やっぱりトップで釣りたい!

イシーはやはりトップで釣りたい欲が抑えられません。
という事で、再びペンシルベイトをキャストし続けます。
遠投した先で。
パシャッ!
小さいけど、トップに出てくれると素直に嬉しいです。
この野池だけで結構時間を費やしました。
ムシムシ、ジメジメで釣りガールちぃはお疲れモード。

追い討ち

釣りガールちぃが休憩しているので、また釣りガールちぃのタックルを拝借。(笑)
チビゲット!
更に。
うん!
子バスは元気いっぱいです。
イシーも大分バテバテ状態…。
突然ですが、ここでレアリスペンシルの浮き姿勢を見てみましょう。
この浮き姿勢のおかげでフッキング率が良いんです。

一つの場所で楽しめる!

この後は釣具屋さんに寄り道したり、リザーバーに行ってみたりしましたが、二人共バテバテ状態なので早めに釣りを終えました。
今回思った事は、サイズを選ばなければ一つの場所で長い時間楽しめる時期が到来しているという事。
釣れたのは全て子バスでしたが、イシーも釣りガールちぃも存分に楽しめました。
今の時期は場所を移動せず、一つの場所で釣りし続けるのもアリかもしれませんね。
暑い日が続きますので、しっかり水分補給をしながら釣りを楽しみましょう!

Sponsored Link

イシー使用タックル

ちぃ使用タックル

ヒットルアー

人気の投稿(過去30日間)