Translate

2020/08/08

夏はやっぱりワームでしょ!いや…

夏が本気を出してきた!

梅雨も明け、いよいよ本格的な夏って感じですよね。
暑いですが皆さんは釣りに行ってますでしょうか?
イシーは暑い中行ってきましたよ。
なんと、釣り始める時点で既に気温31度…。
水分補給や暑さ対策をしないと本当にぶっ倒れてしまいます。
それでは、今回使用したタックルのご紹介です。
使用したタックルは1セットのみです。
  • ロッド:ワールドシャウラ1651FF-3
  • リール:アンタレスHG
  • ライン:GT-R HM 14lb
ベイトタックル1本で乗り切ろうという魂胆です。

トップがダメなら

今回もとりあえずいつもの野池にきてみました。
夏といえばトップですよ!
という事でペンシルベイトからスタートしますが、釣れる気がしない…。
すぐさまワームに変更。
夏といえばワームですよ!(笑)
少し遠投したらすぐ釣れた!
30cm有るか無いか位のバスちゃん。
バスを抜き上げた瞬間にワームが吹っ飛んだので、ワームを拾って写真を撮りました。w
最近のフェイバリット、ジャッカルのDBユーマフリー4.5インチ、フリーリグです。
本当に良く釣れるワームなんですよ。
上記写真の様にフリーリグにします。
フックは#1/0〜#2/0が推奨されていますが、フッキング率を上げる為に#3/0を使うのもありですよ!
実際にこの時使用していたオフセットフックは#3/0です。
シンカーのウエイトは5g(3/16oz)になります。
※正確には秦拓馬氏が推奨しているフックサイズが#1/0〜#2/0、ジャッカルのWEBページではフックサイズ#2/0〜#3/0を推奨しています。

ウィードの中に

日向は暑すぎるので日陰に移動。
少しウィードが生えたポイント。
こういう所にもフリーリグは良いんです。
小さいけどあっさり釣れた。
それにしても暑い…。
という事で釣具屋さんに避難!(笑)

ワームを補充

釣具屋さんを一通り見て、購入した物がこちら。
ジャッカルのDBユーマフリー4.5インチです。
DBユーマフリー4.5インチは一つのパッケージにワームが5本しか入っていないんですよね…。
ちなみにDBユーマフリー3.8インチは一つのパッケージにワームが7本入っています。
DBユーマフリーめちゃくちゃ釣れるからすぐにワームが駄目になってしまうので補充しました。

別の野池で釣り再開

釣具屋さんから今度は別の野池にやってきました。
ここでも使うのはDBユーマフリー4.5インチ。
岸際に落とした瞬間バスがワーム目掛けて一直線!
勝負が早いです。
やはりDBユーマフリーの力は半端じゃない。
と、ここで大きめなバスもDBユーマフリーを気にしている様子。
最近子バスばかりなのでやはりデカいバスが釣りたい!
勿論大きめなバスを狙います。
岸際にキャストしてから徐々に深いエリアにワームをもっていき放置。
すると40cm位のバスがワームをじっと見ています。
ほんのわずかにチョンッ!とアクションを入れると、バスがパクッと!
したのですが、ワームが口の中に入っていなーい…。
悔しい〜。
それからこの野池ではバスを釣る事が出来ず。

トップも使うべし!

そして、再び最初の野池に戻ってきました。
先程攻めた日陰のウィードの中にワームを落とします。
やはり釣れるな〜。
でも。
バスが釣れた代償として、テールが切れたワームが返ってきました。
せめてワーム1本に対して3本位バスを釣らせてくれ〜。(笑)
大分ワームでの釣りもやったので、朝は不発だったペンシルベイトに戻します。
見えバスがいたので少し離した所にキャスト。
バスがペンシルベイトの後ろについた瞬間、バスから逃げる様に素早くアクションさせます。
すると。
逃るが勝ち作戦成功!(笑)
バスがペンシルベイトを追ったらバスから逃る様に少し激しめのアクションにしてやります。
ルアーはDUOのレアリスペンシル85。
イシーの大好きなルアーの一つです。
その後、ポッパーでも同じ様にやってみる事にしました。
ペンシルベイトで釣れた時と同じ様にやったら釣れました。
ルアーはDUOのレアリスポッパー64。
このレアリスポッパー64はポッパーとしての役割りも果たせますが、ペンシルベイトの様にドッグウォークさせる事も可能なんです。
イシーはどちらかというとレアリスペンシル85の方が飛ぶので好きですが、レアリスポッパー64も中々イケてます。

暑さ厳重警戒!

と、ここまでで16時。
暑さがかなり厳しく、かな〜りシンドい…。
19時位までは明るいので釣りが可能なはずなのですが、夕マズメのおいしい時間は釣りをせずに退却…。
このまま釣りをしていたらヤバイと身の危険を感じたので…。
皆さんも今の時期、暑さには十分に気をつけて下さい!
釣りをするのにも体が資本ですから。

Sponsored Link

イシー使用タックル

2020/08/07

ソルトウォーター仕様ストラディックSW発売!

ストラディックにソルトウォーター仕様

前々回のブログ記事『NEWカーディフエリアリミテッド発売!』ではシマノの新製品情報第一弾としてエリアトラウトロッドの『カーディフエリアリミテッド』をご紹介しました。
前回のブログ記事『日本でもヴァンフォードが発売決定!』ではシマノの新製品情報第二弾としてスピニングリールの『ヴァンフォード』をご紹介しました。
今回は新製品情報第三弾とし、ソルトウォーター仕様のスピニングリール『ストラディックSW』をご紹介させていただきます。

ストラディックSW[STRADIC SW]

巻きのパワーを体感
エキサイティングなSWゲームを制する充実スペック
軽やかな巻き上げに加え、力強さをも実現させるインフィニティドライブを搭載し、主導権を握りながらのファイトが可能。さらに、ラインローラー部への水の侵入をシャットアウトするXプロテクトにより、耐久性も向上。オフショアに求められるパワーとタフネスがより高次元へと進化。

ストラディックSW ラインナップ&スペック

『ストラディックSW』のラインナップとスペックは下記になります。
計10機種のラインナップです。
※4000HG、4000XGは2020年9月、5000PG、5000XG、6000PG、6000HG、6000XG、8000PG、8000HG、10000HGは11月発売予定

ストラディックSW ギャラリー

『ストラディックSW』ギャラリーです。


ストラディックSW フィーチャー

HAGANEギア
金属の塊を約200トンの圧力でプレスし、切削することなくミクロン単位の精度で仕上げ。精密冷間鍛造と呼ばれる独自の技術で、硬く、粘り強いギアを生み出し、高耐久でなめらかな巻きごこちを可能にする。

HAGANEボディ
剛性の高いアルミニウム合金をボディ筐体に採用し、リールのたわみや歪み、ネジレをしっかりと抑制。繊細なギアの噛み合わせを守り、スムーズなリーリングを可能にする。

インフィニティドライブ
従来のX-SHIP構造は、ピニオンギア両端をベアリングで支持することで軽い巻き上げを実現した。今回のNEWモデルには、その構造をより進化させたインフィニティドライブ構造を搭載。これまでピニオンギアで支持していたメインシャフトを非接触化し、特殊低摩耗ブッシュで支持することでメインシャフトの摺動抵抗を大幅に軽減。加えて、メインシャフト自体に特殊表面処理を施し、さらなる低摩擦化に成功。回転トルクを従来比約30%低減※し、高負荷時でも積極的に巻き上げられるパワフルなリールへと進化した。
※当社比較テストによる
※4000HG、4000XGを除く

Xシールド
ボディ・フタ合わせ面、スプール・ドラグノブ接触部をはじめ、随所に強力なシーリングを施すことで水の侵入経路を遮断。過酷な条件下で繰り広げられるSWゲームにおいて、高い信頼性と耐久性を確保。

Xプロテクト for ストッパーベアリング
ストッパーベアリング部に接触型トリプルリップ構造を採用。特殊グリスを充填することで摩擦抵抗を抑え、シルキーな回転性能を損なうことなく高い防水性能を発揮。Xシールドとの相乗効果でボディの防水性能は防水規格IPX8相当を実現。

Xプロテクト for ラインローラー
NEWストラディックSWには、ストッパーベアリング部に加え、ラインローラー部にもそのXプロテクト構造を搭載し、さらに防水性能が向上した。ストッパーベアリング部と同様に、図のように海水の侵入経路をシール部材で物理的に遮断することで、高い水圧にも耐えられる構造へと進化。ラインローラー内部のベアリングを過酷な環境下から守り抜き、従来品に比べ、ベアリングの耐久性は従来比10倍以上※に。
※当社比較テストによる

最後に

いかがでしたでしょうか。
ソルトウォーターでの釣りをやられている方には朗報かと思います。
全3部に渡ってロッドやリールの新製品をご紹介致しましたが、まだまだシマノの新製品はあります。
他の新製品に関しては小出しにしてお伝えできればと思います。

2020/08/06

日本でもヴァンフォードが発売決定!

海外だけではなかった!

以前のブログ記事『マグナムライトシリーズにNEWリールが登場!』でご紹介したシマノのスピニングリール『ヴァンフォード』ですが、日本でも発売される事が正式に決定しました。
前回のブログ記事『NEWカーディフエリアリミテッド発売!』ではシマノの新製品情報第一弾としてエリアトラウトロッドの『カーディフエリアリミテッド』をご紹介しましたが、今回はシマノの新製品情報第二弾とし、スピニングリールの『ヴァンフォード』をご紹介させていただきます。

ヴァンフォード[VANFORD]

SUPER FAST
意のままに操れる「超感度・軽量」でフィールドを攻略せよ
マグナムライトローターと軽量ボディにより、巻き出しの軽さと優れた操作性を実現。また、滑らかで静粛性の高いギアフィーリングを叶えるマイクロモジュールギアⅡ、サイレントドライブを搭載し、より繊細なリーリングも可能。さらにロングストロークスプールによる遠投性能やXプロテクト、HAGANEギアによる耐久性能も譲らない。結果を求めるテクニカルかつストイックなアングラーへ。

ヴァンフォード ラインナップ&スペック

『ヴァンフォード』のラインナップとスペックは下記になります。
計14機種のラインナップです。
※C2500SHG、2500S、2500SHG、C3000、C3000SDH、3000HG、C3000XGは2020年9月、3000MHG、4000、4000MHG、4000XG、C5000XGは10月、C2000S、C2000SHGは11月発売予定

ヴァンフォード サイズ展開

下記が『ヴァンフォード』のサイズ展開表になります。

ヴァンフォードと16ストラディックCI4+のスペック比較

下記が今回発売される『ヴァンフォード』と2016年に発売された『ストラディックCI4+』のスペック比較表になります。

ヴァンフォード ギャラリー

『ヴァンフォード』ギャラリーです。


ヴァンフォード フィーチャー

マグナムライトローター
左右非対称のローター構造を採用し、操作性と感度の向上を求めて、異次元の回転軽さを実現したマグナムライトローター。さらにラインローラーの軽量化、ベールのチタン化、ローターの肉厚の最適配置を行い回転慣性の低減に成功しました。

マイクロモジュールギアⅡ
軽やかで滑らか。珠玉のギアフィール。
最先端の歯面設計、シマノならではの製造技術によって進化したマイクロモジュールギアⅡ。ギアの歯、ひとつひとつの歯面から設計を見直し、理想的な歯形状を追求。音鳴りの低減、滑らかなギアフィーリングの向上も達成しました。

サイレントドライブ
細部まで徹底した、静謐なる一体感。
ボディ全体の基本設計、駆動関連部品をひとつひとつ見直し、部品間の微細なガタ、隙間、揺れを細部に至るまで徹底的に排除。改善の対象箇所はドライブギア、ウォームシャフト、ウォームシャフトピン、ウォームシャフトギアなど多岐にわたります。新たな次元での滑らかな回転性能、静粛性を伴った巻きごこちを実現しました。

ロングストロークスプール
ルアーが届かないあのポイントへ。
ロングストロークスプールを搭載。#2500サイズで従来比約4%の飛距離UPを達成。いつもルアーが届かないあのポイントへ、ヴァンフォードなら届けてくれるかもしれません。
※ドーム内での当社飛距離テストによる

AR-Cスプール
「トラブルなく」、「飛距離をのばす」というふたつの目的を両立させるため、シマノ独自の加工技術で軽量化を施したスプール。スプールリングの特殊な形状による「ライン整流効果」で、ライン放出がベストな状態に整えられます。

X-プロテクト
滑らかさと防水性、どちらも譲れない。
撥水効果とラビリンス構造を複合することで、回転の軽さを損なうことなく、水圧にも耐える防水性能を実現。搭載箇所はラインローラー部とボディ(ローラークラッチ)部。特にラインローラーの耐久性は5倍以上もアップしています。
※対当社従来品

HAGANEギア
さらに強靭なるギアシステムへ。
これまで多くのシマノスピニングリールに搭載してきたHAGANEギア。独自の精密冷間鍛造技術により、十分な耐久性を確保してきたヴァンフォードでは上位機種同等の新設計HAGANEギアを搭載。それによりワンサイズ上のリールギア強度を実現しました。

新設計ベール開閉機構
オープン時の滑らかなフィーリングを追求。開閉角度が広く、フェザリング性も向上。不意のベール返りも防ぎます。
※写真はVanquishです

新形状ラインクリップ
取り外しやすく、ホールド力をアップした新形状のクリップを採用。エステル0.2号からフロロカーボンの40ポンドまで幅広く対応します。
※写真はSTELLAです


最後に

いかがでしたでしょうか。
『ヴァンフォード』が日本で発売されるのを待ち望んでいた方も沢山いらっしゃるのではないでしょうか。
次回もシマノの新製品情報をお伝え致します。

2020/08/05

NEWカーディフエリアリミテッド発売!

シマノ秋の新製品

シマノから秋に発売となる新製品の発表がありました。
今回は新製品情報第一弾として、エリアトラウトロッドの最高峰『カーディフエリアリミテッド』をご紹介したいと思います。

カーディフエリアリミテッド[CARDIFF Area Limited]

性能追求の限界へ。5代目「カーディフエリアリミテッド」
これまでの限界を超越した性能を追求したエリアトラウトロッド、5代目「カーディフエリアリミテッド」
目指したのは、シマノが持つロッドテクノロジーの高次元融合。新設計ブランクスには進化した基本構造スパイラルXコアと強化構造のハイパワーXを搭載し、キャスト時におけるロッドのブレや、ファイト時におけるパワーロスを排除。さらにエリアリミテッドの象徴ともいえるレインボーチタンセラミックコートを採用することで軽量化と高感度を実現。シマノ最高峰エリアトラウトロッドとして君臨すべく、キャスト性能、リーリング感度、ロッド操作性、ファイト性能などを徹底的に研ぎ澄ましました。

カーディフエリアリミテッド ラインナップ&スペック

『カーディフエリアリミテッド』のラインナップとスペックは下記になります。
S62SUL、S66SUL、S66UL、S66L、計4機種のラインナップです。
※2020年9月発売予定

S62SUL
3g台までのスプーンをメインに、ミノー、クランク、トップなどの様々なエリア用プラグにも対応できるアイテム。

S66SUL
遠投性能を高めたロングディスタンスモデル。S62SULよりもバットパワーを高めることで、大型トラウトへの対応力を向上させたアイテム。

S66UL
60オーバーの大型トラウトを攻略するためのロッド。3〜5g台までのスプーンをメインに、大型ミノーやダート系などの操作系プラグにも対応できるアイテム。

S66L
80オーバーの超大型モンスタートラウトを攻略するためのロッド。エリアリミテッド至上最強のパワーを持ったアイテム。

カーディフエリアリミテッド ギャラリー

『カーディフエリアリミテッド』ギャラリーです。

カーディフエリアリミテッド フィーチャー

スパイラルXコア
シマノ独自の設計・製造方法により、曲げ、ネジレ、つぶれ、あらゆる方向に対し、さらなる高強度化を徹底追求。ロッド性能を根幹から高めるシマノ独自の[スパイラルX]に、東レ(株)ナノアロイ®︎テクノロジーなどによる高強度材を用いたカーボンスリットテープを使用した基本構造。

ハイパワーX
ブランクスの最外層にカーボンテープをX状に巻き、締めあげる強化構造。キャストやファイトで発生するネジレを抑え込む効果がある。ネジレを抑制することで、ロッドの曲がりが釣り人の意図する方向性を保ち、ブランクスが持つ性能をロスなく引き出せる。

Xガイド(穂先部)
ブランクスの潜在能力を引き出すために誕生したXガイド。軽さ、小ささに強さも兼備。3Dテクノロジーで成形した一体構造フレームがガイドリングを支え、計算された立体構造で糸ガラミを抑えつつ、糸抜けの良さも実現。

エアフェクトシートCI4+
軽量高感度のエアフェクトシートを軽量高強度素材CI4+でさらに進化。さらなる高感度化と操作性の向上を追求しました。

レインボーチタンセラミックコート
シマノ独自の表面処理技術レインボーチタンセラミックコート(RTC)。カーボンブランクスの表面に極薄チタンセラミック層を形成し、その干渉パターンにより虹色に光らせるという高度な技術を採用。これにより塗装重量がRTCは一般的な塗装の1/10以下という驚異的なレベルまで軽減可能。この大幅軽量化により、キャスト時の振り抜け感はもちろん、操作性や感度も向上し、持ち重り感も軽減するなど、数々のメリットが生み出されます。

カーボンモノコック
リアグリップをカーボン一体成型で中空構造化するという革新的なアイディアで、新たな高感度ロッドの歴史を創り上げたカーボンモノコックグリップ。従来にない情報伝達力を獲得し、かつてない軽さと感度を獲得しました。

専用エンドバッジ

専用ロッドケース

■スパイラルXコア
■ハイパワーX
■レインボーチタンセラミックコート
■Xガイド(穂先部)
■エアフェクトシートCI4+
■ソフチューブトップ
■マッスルカーボン
■カーボンモノコックグリップ
■印籠継(アクティブフェルール)
■センターカット2ピース
■専用ロッドケース

最後に

いかがでしたでしょうか。
NEW『カーディフエリアリミテッド』最高にかっこいいと思います。
シマノのエリアトラウト最高峰ロッドという事で少し値は張りますが、持つ者に至福の時を齎してくれるのではないでしょうか。

人気の投稿(過去30日間)