Translate

2020/09/12

ダイワから赤く染まったロッドが発売!

赤いロッド

シ○ノから発売されている赤いロッドといえばあのロッドですよね。
なんとダイワからも赤いロッドが発売になる様です。
ダイワの赤いロッドに関しても、シ○ノの赤いロッドと同じく汎用性を兼ね備えたロッドになります。
なんとなくシ○ノの赤いロッドとコンセプトが似ている様な気がしました。
と言う事で今回は、新たに発売となるダイワの赤いロッドをご紹介させていただきます。

7 1/2[セブンハーフ]

ショア、オフショアを問わず楽しめる究極のオールラウンド・ルアーロッド

7 1/2……。呼び方はセブンハーフでも、ナナハンでも、なんでも大丈夫。コンセプトは「Create my fishing story あらゆるフィールドを自分流に楽しもう!」。もっと自由な発想で、好きな時間に、好きな場所で、好きな方法で楽しんで、自分の好きなスタイルを見つけていただこうというわけ。ショアのマルチルアーロッドだけど、この際、そんなのはどうでもいいんです!とあるターゲットをいろんなルアーで釣るのもOK。逆に一つのルアーや、この一本のロッドで何魚種を狙えるか挑戦してもOK。エギングに来たけど急にナブラが立ったからそっちに変更!川が濁っているから海で釣りしよう。午前中にショアで釣れなかったから、午後はボートに乗ってみよう!このロッドなら、なんだって正解。釣り具の細分化が進む今だからこそ、このロッドを持って、もっと自由に釣りを楽しんでほしい。そんな願いが込められているのが、この7 1/2。コンパクトな4本継ぎ仕様だから、持ち運びも楽々。電車移動もしやすいし、車のトランクに忍ばせておくのも便利、自転車やバイクの移動だって問題なし。金曜の夜の仕事帰りの釣行、キャンプのついでの釣行にも最適だし、旅のお供としてもうってつけだから、47都道府県の全部で釣果をあげる旅に出たっていい。みんなで一緒に、釣りの楽しさを広げていこ!

7 1/2[セブンハーフ] ラインナップ&スペック

『7 1/2』のラインナップとスペックは下記になります。
76ULS-S、76LS、76MLS、76MS、76MHS、76HS、計6機種のラインナップです。
※2020年10月発売予定

SEVEN HALFの秘密

1.対応力の高い7フィート6インチ
一般的なバスロッドの長さは6フィート中盤、本流トラウトは7フィート台、ロックフィッシュロッドは7〜8フィート台、エギングは8フィート中盤、シーバスは9フィート台がスタンダード。この7フィート6インチはそれらの釣りをオールラウンドにこなせる魔法のレングスです。

2.癖のないレギュラーテーパー
シリーズ全アイテムのテーパーをレギュラー気味にセッティング。キャストでしっかりと曲がりこんでくれるので、あらゆるルアーを投げやすいのが特長です。また、癖がないので、ワームやミノーなどの巻き物、トップウォータールアー、エギなどあらゆるルアーに対応できます。

3.持ち運びやすい4本継ぎ

7 1/2[セブンハーフ] 仕様詳細

赤が目をひくブランク
全身真っ赤なデザイン。ブランクには軽量・高強度のHVFをベースにネジレに強いX45構造。

高い万能性
全番手、あらゆるルアーに対応するファースト気味のレギュラーアクション。

V-JOINT
V-JOINTを採用しているので、荷重がスムーズにブランクを移動。キャストややり取りがスムーズ。

コルクグリップ
高品質なコルクグリップ搭載し、カーボン樹脂の軽量・高感度のエアセンサーリールシートを搭載。

専用バッグ付き
セパレート構造でブランクに傷がつきにくいバッグが付属。

SiCリング
変形に強く、信頼性の高いステンレスフレーム、SiCリングのKガイド仕様。

7 1/2[セブンハーフ] フィーチャー

X45
カーボンクロスの繊維方向を縦・横・斜め×2と、4層に重ねた補強構造。竿の曲げ、ツブレのほか、ネジレに対しても抜群の強さを発揮する。必要箇所に適宜採用することで曲がりの均一性を高め、負荷が特定の箇所に集中するのを防止する。

AIR SENSOR SEAT[エアセンサーシート]
軽量化・高強度・高感度を実現するカーボンファイバー入り「エアセンサーシート」。用途に応じて専用設計することで汎用リールシートでは体験できない操作性を実現。

V-JOINT[V-ジョイント]
ナノプラスを含む高強度素材とダイワ独自の超高精度ロッド設計製造テクノロジーにより、V-JOINTよりさらに強く、軽く美しく。

HVF[エイチブイエフ]
ロッド性能に最も影響を与えるカーボンシートにおいて、ダイワはカーボン繊維そのものの高弾性化はもちろん、カーボン繊維を取りまとめる接着剤的な樹脂(レジン)量に着目。贅肉とも言えるレジンの量を減らして代わりにカーボン繊維の密度を高めた「高密度HVFカーボン」はより筋肉質でパワフル。粘りや強度を重視した竿に最適な素材となっている。

7 1/2[セブンハーフ] アイテム別対象魚表

パワーランクはUL ~ H までの6 アイ テム。ライトゲームからショアジギング まで対応できる。自分の好みのパワー の1本が見つかりやすい豊富なバリ エーションが自慢です。
◎:メインターゲット
○:サブターゲット

最後に

いかがでしたでしょうか。
シ○ノと同じく、ダイワからも汎用性がある赤いなんでもロッドがいよいよ登場します。
7フィート6インチのみという制約がありますが、ダイワがお好きな方にとっては中々朗報なのではないでしょうか。
現時点ではスピニングモデルのみのラインナップですので、ベイトモデルが登場するともっと汎用性が高いロッドになりそうですね。
今回Sponsored Linkでは、ダイワの汎用ロッド『DV1』シリーズをご紹介させていただきます。

Sponsored Link

2020/09/11

ワイヤーベイトが活躍!

前回の釣行記事

前回の釣行記事『秋の気配に誘われて』はご覧になっていただけましたでしょうか。
前回の釣行で苦戦したにも関わらず、懲りずにまた釣りに行ってきました。
さてさて、今回はどうなることやら。

早起きは三文の徳?

今回は本当に早起きです。
釣り場に到着したのが7時45分なんて、イシーとしてはかなりレア。(笑)
本当はもっと早くから始めたいのは山々なんですけどね〜。
それでは今回用意したタックルをご紹介致します。
  • ロッド:ワールドシャウラ1652R-3
  • リール:アンタレスDC HG
  • ライン:GT-R HM 16lb

  • ロッド:ワールドシャウラ1702R-2
  • リール:アンタレスDC MD XG
  • ライン:GT-R HM 20lb
タックル構成としては前回の釣行時と全く一緒です。

バズベイトからスタート!

今回もいつもの野池から始めます。
朝マズメ?
ではないか…。(笑)
イシーとしてはかなり早めのスタートなので、バズベイトで高活性のバスを狙います。
結構投げ倒しましたが反応はあまり良くありません。
そうなるとやはりシェードだと思い、写真の様な場所でバズベイトを引きます。
すると。
小さいけど、バズベイトでキタ!
ルアーはDUOのレアリスバズベイト1/2ozにZOOMのスプリットテールトレーラーをセットしたもの。
ただ、バズベイトで釣れたのは後にも先にもこの1匹で終了。
その後、スピナーベイトにチェンジして釣れたのですが、ポロッと手からバスが滑り落ち、そのままさようなら〜。(笑)
それから過酷な時間が待っていました。

過酷な時間

今度はクランクベイトにチェンジして探ります。
前回の釣行の際、スピナーベイトで釣れたポイントにクランクベイトを通すと明確なアタリが。
しかし、フッキングせず。
その後も45cm位のバスのチェイスがあるもバイトまで至らず。
それからバスからの反応は無く、野池を移動することにしました。
移動した先の野池でも大苦戦。
しかも気温は30度になっていました…。
あまりの暑さに耐え兼ね、コンビニに避難です。
コンビニで大好きなフラッペを購入し、パワーをチャージ。
少し車を走らせて、とある野池にやってきました。
完全にモザイクですが、初めての場所です。
何故モザイクかと言うと、秘密主義だからです。(笑)
ただ、ここでもノーバイト、ノーフィッシュ。
そうこうしているうちに雷がゴロゴロ。
雨も降ってきそうな感じです。
車に戻ると滝の様な雨が…。

雨も落ち着き

雨が凄いので、また最初の野池に戻ってみることにしました。
車を走らせてる途中で雨も少し落ち着いてきたので、レインウェアを着て釣り再開。
前回の釣行でも活躍してくれたスピナーベイトをセット。
クランクベイトでアタリがあった場所を通すと。
30cm位のバスですが、キタ〜。
ルアーはウォーターランドのエンジェルスピナーベイト1/2ozにZOOMのスプリットテールトレーラーをセットしたもの。
その後も、クランクベイト、ジャークベイト、バイブレーションと色々試しますが反応無し。
結局また、スピナーベイトに戻すと。
キタキタ!
スピナーベイトを少し遠投した先で喰ってくれました。
この後、夕方18時頃まで頑張りましたがダメでした…。
夕マズメにデカいの一発欲しかったんですけどね〜。

スピナーベイトが効くと言う事は

巻き物系ルアー、特に今回も活躍してくれたスピナーベイトで釣れ出すと秋だな〜という感じです。
まだ気温が高い日が続きますが、これから徐々に気温も下がり、比例して水温も低下。
そうなると毎年スピナーベイトだけでかなり良い思いができます。
まだ気が早いかもしれませんが、一日スピナーベイトだけを引き倒すのもアリかと思いますので、良かったら試してみて下さいね!

Sponsored Link

イシー使用タックル


ヒットルアー

2020/09/10

味わい深いテイストが欲しいトラウトアングラーの方へ

ジャッカルのイメージ

皆さんはジャッカルというメーカーにどの様な印象をお持ちでしょうか。
ジャッカルは人気のバスルアーを販売するメーカーのイメージが強いと思いますが、ルアー意外にもロッドも販売しています。
更にバスの分野だけでなく、トラウトの分野にも幅を広げており、TIMON/ティモンというブランドがあるくらいです。
今回はそのTIMON/ティモンから新たに発売された味わい深いネイティブトラウト用ロッドをご紹介させていただきます。

Tコネクションストリーム[T-CONNECTION STREAM]

TIMONとTROUTをつなぐキーデバイス、ストリームモデル登場
“テクニカル”かつ“力強く”本流から渓流域をカバーする全く新しいT-CONNECTION STREAM/Tコネクションストリーム。各機種の共通点はトリコロールシリーズが最も扱いやすい操作性と、強い流れの中でパワフルな大型トラウトに主導権を与えないバットパワー。その2点を踏まえたうえで様々なシチュエーションやターゲットに特化させた3モデルです。

Tコネクションストリーム ラインナップ&スペック

『Tコネクションストリーム』のラインナップとスペックは下記になります。
TS-S56UL、TS-S65L、TS-S72ML、計3機種のラインナップです。

TS-S56UL 〜小河川や渓流域などをリズミカルに攻略するショートテクニカルモデル〜
小河川や渓流域など手返し良く攻略出来るモデル。ピンポイントを狙うキャスト性能と操作性の最適なバランスと、ブランクスの感度に重点を置き、ミノーに細かくアクションを加える繊細な釣りが楽しめます。しなやかなブランクスからは想像出来ないバッドの粘りで大型トラウトにも余裕で対応します。
〈適合ルアー〉
トリコロールGT56MD-F トリコロールGT56SR-F
トリコロール流芯63HW トリコロール流芯53HW トリコロール流芯43HW

TS-S65L 〜本流・渓流を問わないバーサタイルモデル〜
6.5ftレングス設定は本流/渓流の様々な用途で活躍するバーサタイルモデル。T-CONNECTIONシリーズ特有の軽量でしなやか且つハリのあるブランクでキャスタビリティも秀逸です。トラウトの俊敏な動きへの追従性も良く、大型であっても主導権を与えず余裕のあるやりとりが楽しめる一本に仕上りました。
〈適合ルアー〉
トリコロールGT72MD-F トリコロールGT72SR-F トリコロールGT56MD-F トリコロールGT56SR-F
トリコロール流芯63HW トリコロール流芯53HW

TS-S72ML 〜大型アマゴやサツキマスをカバーする本流対応モデル〜
大型のアマゴやサツキマスなど本流域をカバーするモデル。しなやかなティップからベリーにはトラウトを狙う上では最も重要とされるラインスラッグを扱い易くするためのハリを持たせてあります。また振り抜き易さや 軽さにも重点を置き極限までのロッドバランスに仕上げてあります。
〈適合ルアー〉
トリコロールGT72MD-F トリコロールGT72SR-F
トリコロール流芯70HW トリコロール流芯63HW

Tコネクションストリーム フィーチャー

軽量化と機能に優れるFujiチタンフレームガイド
軽量かつ滑りに優れる富士工業チタンフレーム/トルザイトリング(トップガイドはチタンフレーム/SiCリング)ガイドを採用

バーズアイメイプルウッドシート
リールシートには質感にこだわったバーズアイメープルウッド素材を採用。(天然素材の為、実際の製品と画像には個体差があることをご了承ください)

大人のテイスト

ジャッカル、TIMON/ティモンのネイティブトラウト用ロッド、『Tコネクションストリーム』はいかがでしたでしょうか。
トラウトロッドってリールシートがウッド素材を使用しているものが多く、味があり、温もりが感じられます。
味わい深い大人のテイストを楽しみたいトラウトアングラーの方、是非Tコネクションストリーム』を購入検討対象に入れてみてはいかがでしょうか?

2020/09/09

最強ナイロンラインGT-R ウルトラに追加アイテムが登場!

強い釣り糸

皆さんは釣り糸に拘りはありますか?
使うなら弱い糸より強い糸の方が断然良いですよね。
皆さんが思い浮かべる強い糸とはどんな糸でしょう。
イシーが真っ先に思い浮かべるのはサンヨーナイロンのGT-Rシリーズです。
その中でも最強だと思っているのが『GT-R ウルトラ』というライン。
その『GT-R ウルトラ』に新たなアイテムが加わります。

GT-R ULTRA[GT-R ウルトラ]

フロロを遥かに凌ぐ耐摩耗!!
ナイロンラインで最強のウルトラ耐摩耗性能
強度、耐摩耗性がフロロカーボンに比べ遥かに強いGT-Rシリーズ 最高峰のナイロンライン。あらゆるジャンルのエキスパート達から 選ばれる最強の信頼度を誇る耐摩耗性。「フロロの方がスレに強い」 という今までの常識を覆す、フロロより強い耐摩耗性のナイロンライン。 極限の過酷な状況下でその能力が最大限に発揮される。


75m巻き40lbと50lbが追加

サンヨーナイロン、アプロード『GT-R ウルトラ』は75m巻き、100m巻き、600m巻きがあります。

□ナイロン製 比重:1.14
□整列巻き
□ダークグリーン

GT-R ULTRA[GT-R ウルトラ] フィーチャー

■GT-Rシリーズの超極限耐摩耗性追求ライン
■ウルトラ耐摩耗素材の配合で超耐摩耗性能(通常の30倍)を発揮
■超タフな設計で残存強力を保持し60UPも楽々ゲット
写真は『GT-R ウルトラ』をプロデュースした村田基氏

600m巻きの購入がお勧め!

イシーはラインを購入する際、必ず600m巻きを購入します。
何故なら、600m巻きの方が断然お得だからです。
『GT-R ウルトラ』20lb(定価価格)の場合
  • 20lb 100m巻き¥2,000
  • 20lb 600m巻き¥6,000
600m巻きを÷6すると、100m辺り¥1,000という計算になります。
100m巻きを6つ購入(¥12,000)するより、600m巻きを1つ購入(¥6,000)する方が50%もお安い事が分かります。
その他に600m巻きを購入する理由としては、リールによって100m以上ラインを巻く事があるからです。
どちらにせよ、600m巻きを購入しない理由は無いというところです。
今回Sponsored Linkでは、全て600m巻きの『GT-R ウルトラ』をご紹介させていただきます。
なお、『GT-R ウルトラ』の600m巻きの場合は下記パッケージとなります。
※新たにラインナップに加わる40lbと50lbは75m巻きです。

2020/09/08

秋の気配に誘われて

秋の気配に誘われて

9月に入り、秋の気配に誘われて釣りに出掛けました。
秋といえばデカいバスが積極的に餌を求めて動き出します。
出来ればデカいバスが釣りたいな〜と思い釣りを始めます。

まだまだ暑い

釣行当日、イシーとしては結構早起き。
釣り場に到着が8時過ぎじゃ早くもないか。(笑)
釣りを始める時点では気温24度。
日中は気温が上がりまだまだ暑いですが、徐々に秋に近づいている感じです。
それでは今回用意したタックルをご紹介致します。
  • ロッド:ワールドシャウラ1652R-3
  • リール:アンタレスDC HG
  • ライン:GT-R HM 16lb

  • ロッド:ワールドシャウラ1702R-2
  • リール:アンタレスDC MD XG
  • ライン:GT-R HM 20lb
最近はタックル1セットだけを用意して釣りする事が多かったですが、今回は2セット用意しました。

いつもの野池へ

とりあえず様子を見る為にいつもの野池にやってきました。
野池に到着するといきなり40cm後半位のバスを2匹程確認。
最初はペンシルベイトから始めますが反応無し。
クランクベイト、ジャークベイトも反応無し。
いつもならこの辺で子バスが喰ってきてくれるのですが。
何かが違うと思い、スピナーベイトにチェンジ。
スピナーベイトに変えた途端3回程アタりました。
そして、木が覆いかぶさってシェードになっている所にスピナーベイトを通すと。
来た!
30cm程のバスちゃんです。
ルアーはウォーターランドのエンジェルスピナーベイト1/2ozにZOOMのスプリットテールトレーラーを装備したものです。
とりあえず1本釣れたので、この後もルアーローテーションをしつつ釣りを続けます。
しかし、全く反応が無いので別の野池に行く事にしました。

子バスには目もくれず

次にやってきた野池では子バスがシャローに沢山見えます。
ワームを落とせば釣れてしまいそうですが、出来ればデカいバスが釣りたいのでクランクベイトを流します。
すると、40アップのバスが突然バイト!
フッキングしましたが、即バレてしまいました…。
く、悔しい…。
その後も子バスには目もくれず、デカいバスに狙いを定めクランクベイトを流します。
そして、またクランクベイトを喰おうとする大きめのバスが!
しかし、喰う直前でUターン。
ジャークベイトに変更し、またもジャークベイトを喰おうとする大きめのバスが!
またまた、喰う直前でUターン。
中々デカいバスを釣る事が出来ません。
場所を休ませる為にまた別の野池に移動する事にしました。

気合の藪漕ぎ

次にやってきた野池は結構久しぶりです。
やってきたのは良いのですが、水辺までの行く手を阻む草が凄い…。
藪漕ぎをしてなんとか水辺に辿り着き、クランクベイトをサーフェス使いすると。
ぬあぁ!
小さーい!(笑)
ルアーはシマノ、バンタムのマクベスです。
実は40アップのバスをバラしたのもこのマクベスです。
サーフェス使いすると小さいバスもアタックしてきちゃうんですね〜。
そして、必死に藪漕ぎした野池もこの子バス1匹だけ。
場所を休ませておいた野池に戻る事にしました。

子バスでもバスはバス

さっきは子バスに目もくれずでしたが、今度はしっかり釣っていこうと思いワームをセットしました。
良し!w
釣れる釣りをすれば釣れる!
ジャッカルのDBユーマフリー4.5インチのフリーリグです。
その後も。
小さくて可愛い子バスちゃん。
子バスでもバスはバスですから〜。w
場所を休ませておいたこの野池では結局子バスしか釣れず…。
場所を休ませた意味が無いですね。(笑)
そして、また移動です。

力尽きた

今度は河川でスモールマウスバスをドカンッ!と出したいと思いやってきました。
しかし、何を投げても反応無し。
結局夕マズメのおいしい時間を前に力尽きて帰宅する事にしました。

着実に秋は来ている

今回の釣行でデカいバスが動き出しているのは確かに感じる事が出来ました。
ただ、そのバスを如何にして釣るのかがまた難しいのですが。
これからどんどん涼しくなって秋本番となります。
デカいバスが餌を求めて彷徨っていますので積極的に釣り場に向かいましょう。
釣りに行かないと魚を釣ることは出来ませんからね。

Sponsored Link

イシー使用タックル


ヒットルアー

2020/09/07

スナップに拘る方へ

スナップを使う派・使わない派

皆さんはルアーにラインを結ぶ際、スナップを使用しますでしょうか。
スナップを使用せず、ルアーのアイに付いているスプリットリングにラインを結ぶという方もいらっしゃるでしょう。
イシーはルアーのアイに付いているスプリットリングは外し、スナップを使用します。
理由は多々ありますが。
今回は、オーナーばり、カルティバのお勧め出来るスナップを2つご紹介させていただきます。

クイックスナップ

面倒なルアー交換を手早くする、小型でハイパワーの軽量スナップ。

¥250

オーナーばり、カルティバの『クイックスナップ』は号数が#00、#0、#1、#1.5、#2、#3と6種のラインナップとなっています。

クイックスナップ バリエーション

『クイックスナップ』のバリエーションは下記になります。
#00 8.9kg/test
#0 9.6kg/test
#1 10.9kg/test
#1.5 12.6kg/test
#2 21.5kg/test
#3 31.7kg/test
全6種のラインナップです。

耐力スナップ

特殊溶接加工で、軽い!!耐力システムを搭載した、クイックスナップ。特殊な溶接と絶妙なワイヤーの太さでゆがみにくい。また、開閉時、一番負荷のかかる湾曲部にもハリ屋ならではの特殊処理を施し、バネ性をUP。ルアーの接続交換がスムーズ&スピーディーで結び目がズレにくく、ルアーが動きやすいティアドッロップ形状を採用。


¥350


オーナーばり、カルティバの『耐力スナップ』は号数が#000、#00、#0、#1、#1.5、#2と6種のラインナップとなっています。

耐力スナップ バリエーション

『耐力スナップ』のバリエーションは下記になります。
#000 8kg/test
#00 9kg/test
#0 12kg/test
#1 15kg/test
#1.5 17kg/test
#2 21kg/test
全6種のラインナップです。

どちらでもOK!

今回は『クイックスナップ』と『耐力スナップ』の2つをご紹介させていただきました。
『クイックスナップ』に比べると『耐力スナップ』の方が強いですが、イシーが使用した感じではどちらのスナップも強くて良いスナップです。
基本的にはサイズや形等、お好みで選択していただければ良いと思いますが、ルアーローテーションの頻度が多い釣りに使う場合は、金属疲労しにくい『耐力スナップ』を使用すると良いでしょう。

Sponsored Link

人気の投稿(過去30日間)