Translate

2020/10/21

タフコンディション時に使えるエリアルアー

TIMON/ティモン

バスフィッシングをやっている人なら誰もが知っていると思われる人気メーカージャッカル。
ジャッカルにはTIMON/ティモンというブランドがあるのをご存知でしょうか?
TIMON/ティモンはトラウトフィッシングブランドになります。
今回はそのTIMON/ティモンから新たに発売されるエリアルアーをご紹介したいと思います。

ペピーノ

惹きつけるスリムシェイプ。
タフコンディションを制す新たな一手
ハイプレッシャーな状況下に投じるTIMONの新たな一手”Pepino/ペピーノ”は、絶えずプレッシャーにさらされるメジャーエリアでの使用を想定したダイビングミノーです。
スペイン語できゅうりを意味するペピーノの名称どおりの、スリムでカーブを描いた独特なデザインにより、極限までスリムシェイプにした事で追尾してくる魚からルアーをコンパクトに見せる事でタフコンディション下で効果を発揮します。
また、アイ位置やバランス設定を検証し、超デッドスローでもしっかりアクションするレスポンスは秀逸。MRとDRの2タイプ設定により異なるレンジをしっかり攻略する事が可能になりました。

PEPINO MR 潜行深度 約1.0m
PEPINO DR 潜行深度 約1.5m

大人気の都市近郊エリアやトーナメントでも、あと一匹を絞りだせる最終兵器としてあなたのタックルボックスのラインナップにどうぞ。

Pepino MR ¥1,200

Pepino DR ¥1,200

ジャッカル、ティモンの『ペピーノMR』はボディーサイズ56mm、ウエイトが2.4gのフローティングモデル。
ジャッカル、ティモンの『ペピーノDR』はボディーサイズ56mm、ウエイトが2.5gのフローティングモデル。

ペピーノ カラーバリエーション

『ペピーノ』のカラーバリエーションは下記になります。
全10色のラインナップです。

フィーチャー

スリム&カーブシルエット
スリムでカーブを描いた独特なデザインにより魚からルアーをコンパクトに見せる事でタフコンディション下で効果を発揮。

MR/DR設定
リップのサイズ別の2サイズを設定。PEPINO MR 潜行深度 約100cm、PEPINO DR 潜行深度 約150cmです。

他にもあります!

ジャッカルのTIMON/ティモンには今回ご紹介した『ペピーノ』意外にもエリアルアーが沢山ラインナップされています。
ご紹介した『ペピーノ』に関しては発売前のルアーになりますので、下記Sponsored Linkでは、ジャッカル、TIMON/ティモンのエリアフィッシング用ミノーをご紹介させていただきます。

2020/10/20

秋は17時から30分が勝負!

寒いけど

10月だというのに最近は寒いですね…。
寒いけど、釣りに行かなきゃ魚は釣れません。
いつでも魚が釣りたいイシーは釣りに出掛けましたよ!
今回もバスフィッシングです。

オカッパリ標準タックル

前日まで雨が降っていましたが、釣行当日は太陽が顔を出していました。
釣り開始時点で気温は12度。
最高16〜17度位まで上がったかと思います。
それでは、今回イシーが使用したタックルをご紹介致します。
  • ロッド:ワールドシャウラ1651FF-3
  • リール:アンタレスDC HG
  • ライン:GT-R HM 14lb

  • ロッド:ワールドシャウラ1652R-3
  • リール:アンタレスDC HG
  • ライン:GT-R HM 16lb
オカッパリでは比較的オーソドックスなタックル構成だと思います。
特殊な釣りを除けば、大抵この2セットで釣りが成立するはずです。

野池を巡り巡る

釣りを開始してから色々な野池を巡りました。
最近の冷え込みの影響なのか、水が澄んでおり、中々バスからの反応は得られず…。
子バスがいても、それすら釣るのが難しいと感じる程でした。
普通にルアーを巻いているだけでは食わせる事が出来ない為、スピンテールをリフト&フォールしてみました。
すると。
見えてた子バスようやくGET!
ルアーはDUOのレアリススピン14g。
このバスが釣れたのは午後14時過ぎ。
1匹釣るまで大分時間が掛かってしまいました…。

狙いは17時以降!

レアリススピン14gのリフト&フォールで釣れて以降、また厳しい時間が続きます。
そこで、人気YouTuber秦拓馬氏の動画を思い出しました。
「秋は17時から30分が勝負!」
つまり、薄暗くなる夕マズメが狙い目という事。
薄暗くなれば、水が澄んでいてもルアーを騙しやすいと考えました。
そして、迎えた夕マズメ。
辺りは薄暗くなりました。
そして。
子バスですが普通にレアリススピン14gを巻いて釣れました。
その後も子バスのバイトがあったので、やはり17時以降だと確信。

カラーを変えて

1匹釣れた後にワンバイトあったものの、それ以降が続かず。
レアリススピンのカラーを変えてみる事にしました。
すると。
辺りが薄暗くなっているのが写真からも分かると思います。
もう写真撮るのも限界(笑)
ルアーはDUOのレアリススピン14gですが、カラーを潮来グリーンゴールドからタイリクバラタナゴⅡNDに変更しました。
ゴールド系からシルバー系に変更した感じです。
更に。
辺りはもう真っ暗。
仕方なくフラッシュを使って写真を撮りました。
余談ですが、もうすぐ新しいiPhoneを購入しますので、そしたら綺麗な写真が撮れると思います。

30分間は集中!

日中口を使わなかったバスが、17時の薄暗くなる時間から口を使う様になったのを実感出来ました。
薄暗くなる17時から真っ暗になる17時半まで30分というわずかな時間ですが、この時間に全神経を集中させてみて下さい。
もしかしたら、日中口を使わなかったバスを釣る事が出来る様になるかもしれませんよ!

2020/10/19

エリアトラウト始めませんか?(Part.3)

前回、前々回のブログ記事

前々回のブログ記事『エリアトラウト始めませんか?』では、初心者〜中級者向けのエリアロッドとして、『トラウトワンAS』を。
前回のブログ記事『エリアトラウト始めませんか?(Part.2)』では、中級者〜上級者向けのエリアロッドとして、『カーディフAX』をご紹介させていただきました。
今回はPart.3という事で、初心者〜中級者向けにシマノのスピニングリールをご紹介したいと思います。
番手はエリアフィッシングで使用出来る1000番〜C2000番に絞らせていただきました。

アルテグラ[ULTEGRA]

ハイスペックを受け継ぎ、生まれ変わった伝統モデル。

アルテグラ ラインナップ&スペック

『アルテグラ』のラインナップとスペックは下記になります。
スペック表はエリアフィッシングで使用出来る番手1000、C2000S、C2000HGSをピックアップしました。

アルテグラ フィーチャー

コアプロテクト
ボディ・フタ合わせ面、スプール・ドラグノブ接触部をはじめ、随所に強力なシーリングを施し、水の浸入経路を遮断。過酷な条件下で繰り広げられるSWゲームにおいて、高い信頼性、耐久性を確保しました。

Gフリーボディ
ウォームシャフトをドライブギア上部に配置し、手元に重心を近づけたGフリーボディを採用。軽量自重を体感レベルでさらに軽く感じさせ、操作性に長けた攻めの釣りが可能となる。

大径ドラグノブ
剛性、耐久性に優れた大径タイプのドラグノブを搭載。操作性が高く、ファイトの途中でも速やかで細やかなドラグ調整が可能で、アングラーの思い通りのファイトを実現。

最後に

いかがでしたでしょうか。
ご紹介した『アルテグラ』は釣りガールちぃが今シーズンのエリアフィッシングの為に入手したスピニングリールになります。
実売価格12,000円前後ですので、大変コストパーフォーマンスに優れたスピニングリールと言えるでしょう。
今シーズンのエリアフィッシングでの使用を視野に、購入検討対象に入れてみてはいかがでしょうか。

2020/10/18

エリアトラウト始めませんか?(Part.2)

前回のブログ記事

前回のブログ記事『エリアトラウト始めませんか?』では、初心者〜中級者向けのエリアロッドとして、『トラウトワンAS』をご紹介させていただきました。
今回はPart.2という事で、中級者〜上級者向けにシマノのエリアロッドをご紹介したいと思います。

カーディフAX[CARDIFF AX]

細分化が加速するエリアフィッシングへの回答。
状況に応じて使い分ける、それがカーディフAXです。
「カーディフAX」は、繊細なアタリを弾きにくい「ティップ部」と、パワーを向上させた「ベリー&バット部」を融合させたファーストテーパー設計です。「ハイパワーX」を採用しネジレとブレを制御。そのトルクフルでありながらスムーズなベンドカーブは、アキュラシーキャストを叶えると共に、ビッグトラウトの爆発的な引きにも主導権を渡しません。スピニングモデルには、新設計の細身で握りやすく軽量の「スリムエアーシートCI4+」を採用し大幅な軽量化を実現。ベイトモデルは、ファイティンググリップTypeRを採用したエリア専用設計。ガイドは糸絡みが少ない「Kガイド」を採用しています。ティップには、感度としなやかさを両立させ、初期アタリを弾きにくい「ソフチューブトップ」や、タフコンディション時を見据えて、マイクロスプーンやマイクロクランクのデッドスローリトリーブや近距離でのショートバイトを弾かず乗せる「タフテックα」を搭載。さらにプラグの乗りを追求してUDグラスをハイパワーXで強化し、適度なハリと弾きにくさを両立させたグラスモデルもラインナップ。「カーディフAX」の中からご自身のフィッシングスタイルや戦略に合わせてセレクトし、一日の中で刻々と変わる状況変化に応じて使い分けてください。

カーディフAX ラインナップ&スペック

『カーディフAX』のラインナップとスペックは下記になります。
スピニングモデルS57XUL-FF、S60XUL-F、S60XUL-RG、S60SUL-FF、S62SUL-F、S62UL-F、S66SUL-F、S66UL-F計8機種、ベイトモデルB62SUL-RG、B64L-F計2機種。
全10機種のラインナップです。

S57XUL-FF
マイクロプラグやマイクロスプーンに特化したモデル。タフテックαソリッドを採用することで、弾きやすい超軽量ルアーのデッドスローリトリーブ時においても弾かずに乗せるアクションを実現。近距離でのアタリも弾きにくい。また、5フィート7インチというショートレングスにより、手返しよくテクニカルに扱うことが出来る。タフコンディション時、一匹でも多くの魚をキャッチしたい時に欠かせない一本。

S60XUL-F
小型プラグ、1.5gクラスまでのスプーン使用時に特に威力を発揮するモデル。ティップ部には感度としなやかさを両立させたソフチューブトップを採用。さらに、XULというしなやかなアクションにより、乗りが良くバレにくいロッドとなっている。全体的にしなやかだが、全身をハイパワーXで強化しているので芯のある扱いやすさが特徴。ショートバイト多発時に活躍するライトバーサタイルな一本。

S60XUL-RG
クランク使用時の弾き・バレを徹底的に排除するために開発したモデル。単一方向の軽量グラス素材であるUDグラスをハイパワーXで強化することで、適度なハリと弾きにくさを両立。その結果、クランクの動きをリニアに伝えてくれるだけでなく、放流直後のスプーニングにおいて活性の高い魚の強いアタリも弾かず乗せることが出来る。カーボンロッドでは乗せきれなかったアタリを乗せるのに欠かせない一本。

S60SUL-FF
マイクロスプーンから2.5gクラスまでのスプーンのショートバイトを弾かずに掛けにいくことが得意なモデル。タフテックαソリッドを採用することで、軽量スプーンのデッドスローリトリーブ時においても弾きにくいしなやかなティップとなっている。また、ハリのあるベリーを持たせることで、レスポンス良く積極的に掛けにいくことも出来る。乗せ&掛けを両立させたタフコンディション時の攻めの一本。

S62SUL-F
スプーンだけでなく、クランク、ミノーなどの様々なプラグに対応出来るバーサタイルモデル。ティップ部には感度としなやかさを両立させたソフチューブトップを採用することで、バーサタイルでありながらも今まで以上に初期アタリを弾きにくいロッドとなっている。様々なエリアやシチュエーション、多くのルアーに対応出来、大型魚にも余裕をもって対応出来る軸となる一本。

S66SUL-F
S62SUL-Fを4インチ長くしたロングバーサタイルモデル。ティップ部には感度としなやかさを両立させたソフチューブトップを採用することで、今まで以上に初期アタリを弾きにくいロッドとなっている。6フィート6インチというロングロッドであることで、遠投性能と遠距離での操作性&フッキング性能が向上。遠投が必要なエリアや大規模なエリアでバーサタイルに活躍する一本。

S62UL-F
スプーンだけでなく、クランク、ミノーなどの様々なプラグに対応出来るパワーバーサタイルモデル。ティップ部には感度としなやかさを両立させたソフチューブトップを採用することで、初期アタリを弾きにくいロッドとなっている。また、ULパワーであることで、積極的に掛けにいく釣りが得意。軽量ルアーから5gクラスのスプーンにも余裕をもって対応出来る懐の深い一本。

S66UL-F
S62UL-Fを4インチ長くしたロングパワーバーサタイルモデル。ティップ部には感度としなやかさを両立させたソフチューブトップを採用することで、初期アタリを弾きにくいロッドとなっている。また、6フィート6インチというロングロッドでありながらULパワーであることで、ヘビーウェイトなルアーの遠投性能、操作性、フッキング性能に優れている。特に遠投が必要なエリアで活躍する一本。

B62SUL-RG
中型以上のクランクなどのプラグ類の弾き・バレを徹底的に排除するために開発したベイトモデル。単一方向の軽量グラス素材であるUDグラスをハイパワーXで強化することで、適度なハリと弾きにくさを両立。また、ベイトモデルならではの手返しの良さとグラス素材の乗りの良さを兼ね備えることで、放流直後の活性の高い魚を効率良くキャッチすることが出来る。特に近~中距離を丁寧に釣っていく時に便利な一本。

B64L-F
2.5gクラス以上のスプーンやプラグを扱いやすくしたベイトモデル。ティップ部には感度としなやかさを両立させたソフチューブトップを採用することで、初期アタリを弾きにくいロッドとなっている。6フィート4インチというレングスにより、ロングキャストも得意だが、ベイトならではの手返しの良さも兼ね備えている。ベイトロッドで様々なルアーを扱いたい時に活躍する一本。

カーディフAX フィーチャー

ハイパワーX
強さを巻き付けろ。
さらに強靭に、曲がりの正確さをロッドに与える[ハイパワーX]
ブランクス最外層をカーボンテープでX状に巻き付けて、さらにネジレを抑制する「強化構造」が[ハイパワーX]。巻き付けるカーボンテープの幅や角度は、釣種やどの部分に採用するかで自在に変え、綿密に調整が施されるため、ロッドの曲がりはアングラーの意図する方向性を維持します。つまり、アクションに一層のキレ味とシャープ感を与えます。

スリムエアーシートCI4+
従来グリップより細身で握りやすくフィット感も向上。さらにCI4+素材との相乗効果で、大幅な軽量化を実現。

ファイティンググリップTypeR
CI4+素材と肉抜きで軽量化し、フィット感を重視した高感度グリップ搭載。

Kガイド
PEラインやエステルラインなどを使用しても、糸絡みが少ないKガイドを採用。

ベンドカーブ
ソフチューブトップやタフティックαをティップに採用し、アクティブフェルールと相まって素直なベンドカーブを叶えた。

最後に

いかがでしたでしょうか。
ご紹介した『カーディフAX』はレッドが渋く輝くロッドです。
味わいのあるトラウトフィッシングに、更にもう一味欲しいという方。
エリアフィッシングをある程度やりこなした方には特にお勧めのロッドになります。

人気の投稿(過去30日間)